大阪の最南端の地で南からの悪病を守り続けている山中渓の道祖神

山中渓の道祖神(阪南市)

JR阪和線で大阪の最南端に位置する「山中渓」と言う駅。ここは春になると桜の名所としれ知られていますが、人の出入りも少ない無人駅。近くには無料で遊べる公園「わんぱく王国」があるので週末には賑わう事も多いです。

山中渓の道祖神

私は、大阪から和歌山に行く時、最近では高速道路を利用する頻度の方が多くなりましたが、下道の時はこの山中渓(やまなかだに)の駅前の道を通る使います。ちなみに、岩出方面に抜ける場合は県道63号(風吹峠)が便利で走りやすい。この64号は道は少し狭いけど地元道で渋滞もなく、心地よい山道と言った感じの道です。

今回は、そんな路上にある歴史スポットの紹介しましょう。

山中渓の道祖神

府道64号の山中渓の駅スグの場所には「紀州歴史街道」が続いています。紀州歴史街道と言えば熊野古道が頭に浮かびますよね。この熊野古道とは、熊野三山(熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社)に通じる参道を言い、紀伊地、小辺路、中辺路、大辺地、伊勢路があるのはご存知の通り。ここは紀伊道に当たります。

この界隈は熊野古道に加え紀州街道も重なり、江戸時代の頃は、けっこう要所でもあり、今は静かな町ですが、江戸の頃には行き交う人も多く、栄えていたようです。

山中渓の道祖神

さて、この街道の名残りとして、今でも多くの方に親しまれているのが山中渓の道祖神。下の写真を見ると、石を屋根にした小さな社がありますよね。

山中渓の道祖神

案内板を見ると、江戸時代には紀州藩(現在の和歌山県)では12月20日になると、犯罪者や悪病の病人を県境に追放してたそうです。県境って…、この山中渓の駅が阪和線で大阪最南端なので、県境はスグそこ。耳を疑うようなマジ?って言いたくなる話です。

当時の紀州藩と言えば御三家の一つ。もの凄い権力があったんでしょうね。しかも県境と言っても和歌山側ではなく大阪側。つまり完全に紀州藩から罪人や病人を追い出していた。ひどい言葉で言えば捨てた感じでしょうか。考えられない話です。

その結果、要するに…毎年年末頃になると、江戸時代の頃は和歌山から追放された人が、この辺をさまよっていたと言う事なのでしょう。この周辺に住む人からすると、とんでもない参事に違いありません。

山中渓の道祖神

だから、当時は「はての二十日のろうばらい」と言って戸を閉め切って、悪病の退散を願ったようです。怖かったでしょうね。

山中渓の道祖神

そこで、この山中の南の入り口に鎮座している道祖神(塞の神(さえのかみ))がずっと町を守ってくれていたようです。その甲斐あってか、この山中では殆ど被害が無かったとか。ここを行き交う旅人の安全もずっと見守ってくれている道祖神、実に有難い神様なのです。

あまり歴史の表舞台に出て来ない地元に残る話は実に興味深い。今から僅か200年ほど前の話ですが、想像もつかないような事が多々ありますね。尚、この先には「山中神社」「地福寺」があります。

山中渓の道祖神(塞の神)

場所:JR山中渓の駅のほぼ目の前です。