【長野】道の駅 信州平谷に泊まる!安く宿泊できるコテージはおすすめ

●記事が参考になった時は「シェア」してね♪

道の駅 信州平谷(長野県)

このブログで長野県にある「道の駅 信州平谷」のお風呂が最高に気持ち良く、セルフで飲める果汁100%のジュースがメッチャ美味しいと書きましたが、ここは宿泊施設もあります。

▼前回の内容はこちら

今回は、その宿泊施設に関してです。

道の駅 信州平谷

泊っても、泊まらなくても「ひまわりの湯」は私個人的におすすめ!そして、ココに宿泊すると2日間お風呂に入ることが出来ます。

また有料ですが迫力満点のスライダー付きプールもあるんですよ。ただ、こちらは季節限定になります。詳しくはこちら

道の駅 信州平谷

さて、この道の駅の宿泊に関しては、3タイプあります。

一つは「ひまわりの館」で、こちらは1泊2食付きで8,790円。そして山村体験宿泊施設に「けいしょう館」「せせらぎコテージ」の2つがある。詳しくは公式サイトでご確認を。

簡単に金額の目安を言えば、「けいしょう館」が1泊2食付きで8,000円。「せせらぎコテージ」1棟貸しの4人利用で14,000円。6名の場合は20,000円。このコテージは食事を含んでいないか価格になります。(価格は2018年9月現在)


と言う事で、今回私たちは「せせらぎコテージ」に泊まる事にしました。

道の駅 信州平谷

まず最初に便利だと感じたのは、コテージの真横まで車を入れることが出来たこと。だって荷物の出し入れが車からスグ出来るのって有難いじゃないですか。

でもね、ここで一つ注意点!それは山の中なので虻がいます。この荷物の出し入れの際に、車のエンジンをかけたままにしていると、バンバン寄って来るので要注意

この場所に限らずだけど、山中では車のエンジンをかけたまま停車していると虻が寄って来て噛まれる場合があるんです。虻が排気ガスや二酸化炭素に反応して寄って来るそうだ。とにかく、エンジンを切ってから荷物の出し入れをする事を強くお勧めします。

道の駅 信州平谷

それと、このコテージは「道の駅」から徒歩15分ほどの場所にあります。

だから「ひまわりの湯」に入る場合は15分ほど歩かないと行けません。私は面倒だったので、移動に車を使用しました。車だと約2分ほどの距離。そんな不便ではないけど、意外と風呂まで遠いんだな…と感じました。

道の駅 信州平谷

さて、コテージの中はこんな感じ!!ウッド調でいい雰囲気です。

道の駅 信州平谷

暖炉もあります。ほら(‘ω’)ノ

道の駅 信州平谷

暖炉って憧れますよね。私は家を建てる時に暖炉の設置が夢でした。男ってそうゆう部分あると思うんですが、女性は違うようだ。「薪はどうするの?」「メンテナンスはどうするの?」と猛反対があり…。

「ちゃんとやる」と言っても「絶対にやらない」「最初だけ」と受け入れられず、結局暖炉は却下になった。暖炉は夢のまた夢…。

そんな暖炉がある。秋から冬にかけて、宿泊すると、ここで憧れの暖炉体験もできる!!

道の駅 信州平谷

暖炉が面倒って場合はストーブもあります。

道の駅 信州平谷

また、キッチンもあります。冷蔵庫もガスコンロ、電子レンジやポットも炊飯器も用意されているので、料理をする場合は便利かも。

私たちは面倒だったので外食しました…(゚Д゚)ノ

▼「食べログ」で信州平谷の周辺で食べる店を探す

道の駅 信州平谷

そして奥には水洗トイレがある。残念ながらウオッシュレットではない。また、シャワーも浴びれるようになっています。

道の駅 信州平谷

窓からの景色は清々しく、夏場も涼しい。真夏でもクーラーは必要ありません。

道の駅 信州平谷

そして2階に行くと…

道の駅 信州平谷

ここが寝る場所ですね!!

道の駅 信州平谷

吹き抜けになっているので、寝室からリビングが見渡せる。子供達にとったら「おーぃ」と手を振ったり叫んだり、最高の遊び場になること間違いなし。

不思議と子供って高い所や狭い所に行きたがる…!

道の駅 信州平谷

と、まぁ~コテージはこんな感じです。

家族や友人と旅行に行く場合、たまにはホテルや民宿ではなく、このようなコテージを借りるのも普段の雰囲気と異なり、けっこう楽しめます。ここは大人数であればあるほど楽しそう。金額もリーズナブルなので、おすすめですよ!

道の駅 信州平谷

場所:長野県下伊那郡平谷村252
電話:0265-48-2911
営業:8:30 ~ 18:00(冬季8:30 ~ 17:00)
定休:なし
道の駅信州平谷 公式ホームページ
せせらぎコテージに関して