【大阪】宮崎郷土料理 どぎゃんで食べる!燕三条背脂ラーメン

●記事が参考になった時は「シェア」してね♪

宮崎郷土料理 どぎゃん(大阪、本町)

大阪にいながらにして本格的な宮崎郷土料理が食べられる昼も夜も人気の「宮崎郷土料理 どぎゃん」に行ってきました。しかし今回は郷土料理ではなくラーメンを…。

ラーメン?宮崎の郷土料理ではなく??と思われるかもしれないが、この店のラーメンは本格的で超美味いのである!!

どぎゃん

ちなみに店の雰囲気は昭和の雰囲気がいっぱいでレトロ感ある。なんか懐かしい庶民的な風情が色濃く残る店内は、仕事終わりのサラリーマンにも人気で、ここで一杯飲んで帰るか!って人も多い。

どぎゃん

そんな時にオススメなのが、宮崎の地鶏の焼き物。「もも炭火焼き」「せせり炭火焼」「かわ炭火焼き」など…。

例えば、「名物かわ焼き」は炭の香ばしさが合わさって、噛めば噛むほど旨みが出る独特の美味しさが魅力。ただメッチャ噛みます。噛んで、噛んで、噛んで、更に噛んでと言った感じなので歯が弱い人にはお勧めできないが…、

でも、これがクセになる。食べておきたい一品。

どぎゃん

さて、今回紹介するのはラーメン。しかし何故、宮崎郷土料理専門店でラーメンなのか?スタッフの方に聞くと、この店の店主さんが「食べ歩きブロガー」で、特にラーメン好きで、日本全国色々と食べまくっているそうな。

その中でビビッと来たものをオリジナルにアレンジしてメニュー化させてると言う…

どぎゃん

実に面白い!!さて、今回注文したのは…

どぎゃん

この「燕三条背脂ラーメン」です。このラーメンのモデルは新潟県の燕市、三条市を中心に食べられている背脂濃厚醤油の極太ラーメン

どぎゃん

大きなチャーシューに背脂たっぷり。

どぎゃん

この迫力、このインパクトは何とも素晴らしい!!

どぎゃん

聞く話によると、このラーメンは労働者向けに発案されたもので、スープは濃く、麺は不規則な労働時間に合わせて時間が経っても伸びにくいように作られているそうな。

そのラーメンを再現させたもの。確かにスープは濃厚醤油。麺は極太。少しクセがあるかと思ったけど全然食べやすい。背脂たっぷりも、思ったほどコッテリではない。

どぎゃん

濃厚醤油に魚介系スープの風味がほんのりやって来る。スープを飲んで、麺を食べ、そしてスープと繰り返して行く度に、深みにはまって行くような美味しさを感じる。

「あれれ…この店って、ラーメン専門店だった?」と不思議な感覚になるほど本格的。実に面白い店である。宮崎料理だけでなく、色々と手を出しているけど中途半端にならない器用さは拍手もの。まぁ~一度ここのラーメンを騙されたと思って食べてみて下さい。この質の高さには驚きを感じるはずだから!!

グルメ評価

宮崎郷土料理 どぎゃん

住所:大阪市中央区博労町3-1-13 戎センタービル2F
電話:050-5522-6354
営業:11:30~14:00 / 17:00~24:00(土曜は17:00~23:00 )
定休:日祝
公式ホームページ
食べログ