※当サイトには広告宣伝が含まれています。

【大阪】生しらす丼で人気の岸和田「きんちゃく家」の痛風丼

 きんちゃく家(大阪、岸和田)

大阪の岸和田漁港の中にある きんちゃく家 と言えば、大阪府鰮巾着網漁業協同組合の直営で目の前の漁港から水揚げされた新鮮な魚が食べられる人気の食堂です。

この店で絶対に食べておきたい名物が、しらす丼生しらす丼です。この詳細は過去のブログで紹介していますので、下部にリンクを貼っておきます。

 きんちゃく家(大阪、岸和田) 大阪の岸和田漁港の中にある きんちゃく家 に行ってきました。ここは...
きんちゃく家(大阪、岸和田) 大阪の岸和田漁港の中にある きんちゃく家 については以前にもブログで...

きんちゃく家

さて、今回紹介するのは…

きんちゃく家

通常メニューではないかも?気になる「ウニとイクラの痛風丼」(1,500円)です。

この店には何度か食べに来ていますが、いつも見かけるわけでありません。ボードを見て「あれれ?痛風丼だって!」て言った感じ。

きんちゃく家

ウニもイクラも岸和田の漁港でとれるわけではないので、そんな意味で注文するのは悩みますが、ウニとイクラのコンビは魅力的ですよね。



という事で、注文してみました。こんな感じ!!

きんちゃく家

正直に言うと…

思っていたよりも具が少ない。白米が見えないほど、イクラが全面を覆っていたら最高だったんだけどな。ってのが私のわがまま客目線の心の声。

「数年前からイクラが不漁」と言う話を耳にすることが多いので、この値段でウニとイクラでギッシリは難しいのでしょうね。

きんちゃく家

とか言いながらも、あぁ~イイ感じ。

きんちゃく家

イクラの粒は柔らかく、ウニの味わいは濃厚。やっぱこの意味合せは贅沢で最高ですね。ハッキリ言って美味しいです。ネタは新鮮で申し分なし。さすが!と言いたい。

ちなみに、イクラの粒の方さに関しては、硬いのと柔らかいのとありますよね。何が違うのか?って聞いたら(別の店で)、母鮭の産卵が近いと硬いらしい。

とは言え、漬け方で硬くなる場合もあるので、一概に産卵だけが理由ではないそうですが、時々、新鮮=硬いと勘違いしている人がいるので、教えてもらった情報の横流しですが、ここでも書いておきます。

この店の痛風丼に関しては、味は美味しいけど私には量が足りなかったかな…。

海鮮居酒屋 のぶちゃん 難波店(大阪、なんば) 大阪なんば、よしもとのグランド花月近くには飲食店が...
ぺりーのいくら丼(大阪、東心斎橋) 大阪人は行列するのが嫌い…。そんなことをTVで見た事があるが、...

グルメ評価

きんちゃく家

住所:大阪府岸和田市地蔵浜町7-1
電話:072-436-3866
営業:5:00~14:00
定休:水曜
食べログ