(スポンサーリンク)

【大阪/難波】この味が大阪「たこ焼き」の代名詞!千日前わなか本店

●記事の内容がOKなら「シェア」してね♪

 わなか千日前本店 (大阪、難波)

大阪名物のたこ焼き。私は「たこ焼」を見事な大阪名物だと思っている。それは美味しいのもあるが、気軽に食べれて金額も手頃。数軒ハシゴして食べ歩きも可能だからです。お好み焼きは1つの店で食べたら、お腹いっぱいになっちゃうけどね…。

道頓堀や千日前など大阪ミナミの繁華街では、たこ焼き屋さんが物凄く多い!どの店で食べても美味しいので、大阪観光の際には、ぜひ2~3店舗で食べ歩きをして欲しい。

たこ焼き、わなか本店

たこ焼きの食べ歩きの時、この店は入れておいて絶対の損はないぞ!ってのが「味道楽 千日前わなか本店」です。この店は立ち寄っておきたい!

この店は大阪には7店舗あるので、もし大阪の街を歩いてて見かけたら食べてみて。大阪人なら誰もが知ってる人気店ですよ。

「たこ焼き」の味付けはソース、釜炊き塩、しょうゆ、どろソースの4種類。

たこ焼き、わなか本店

他にも、お出汁ににつけて明石焼き風に食べる「わんだこ」、ポン酢で食べる「たこポン」、色んな味付けを同時に楽しめる「おおいり」などもある。

たこ焼き、わなか本店

たこ焼きは8個入りで450円12個入りで600円15個なら700円です。

たこ焼き、わなか本店

並んで買ったら、店内でゆっくり食べることが出来ます。ちなみに、この店は行列が出来ていることが多いけど、けっこう回転がはやく、20人ほど待ってても10分も待たずに順番が回って来ることが多い。

しかも店内にはイートスペースが1Fと2Fにあり、店内は無理かな…と思いながら入ると、意外と空席があったりと、なかなか勝手がイイんです。ここはホントお見事です。

たこ焼き、わなか本店

さてさて、たこ焼きですが… 味付けはソース、釜炊き塩、しょうゆ、どろソースの4種類で、店員さんにオススメを聞くと「ソース」と「塩」が圧倒的に人気とのこと。

どっちしようかな?と考えると「半分づづしときましょ!」と店員さんが、咄嗟にベリーグッドな提案をしてくれた。

たこ焼き、わなか本店

分かりにくいが、この半分がソースで…

たこ焼き、わなか本店

この半分がなのだ。

たこ焼き、わなか本店

で?味は美味しいのかって?そりゃもちろん美味しいですよ。でもね驚きのようなインパクトはない。「おぉ~すげぇ~これが大阪のたこ焼きか~」って言うような感動も意外性もない。淡々と美味しいが正解かな。

この淡々と美味しいって、言葉にするとアレですが奥深い。いわば当たり前に受け入れる味。これこそが大阪「たこ焼き」のベーシックなんじゃないかなって思う。だからこそ淡々と当たり前のように食べられる。想像通りの味ってイメージかなぁ。

カリッとした表面に、中身はトロっとしてて、ダシの風味!コレコレ、この味だ。8個じゃダメ。一人12個はペロリと食べれる。そう、これが「わなか」の味なのだ。

美味しいですよ~♪ちなみにソースと塩、私は「塩」がおすすめ。でもねソースも捨てがたい。すなわち半分半分が調度いい。大阪に来たら、この店は忘れずに!!

グルメ評価

たこ焼道楽 わなか 千日前 本店

住所:大阪市中央区難波千日前11-19
電話:06-6631-0127
営業:10:00~23:00(土日祝8:30~23:00)
公式ホームページ