(スポンサーリンク)

【大阪/西九条】なんか良い!西九条駅の高架下で哀愁漂う立喰いうどん

●記事の内容がOKなら「シェア」してね♪

立喰いうどん・そば 吉(大阪/西九条)

西九条駅はJRと阪神があり、UFJに行く観光客の姿も多い。駅周辺には飲み屋も多く、庶民的な風情色濃く残る。特に高架下にはサラリーマンの姿が良く似合う。

そんな高架下を歩いていると大音量で演歌が聞こえ、ダシの香りが漂ってきた。ここは駅構内にもある「立喰い うどん&そば 吉」というお店。

西九条駅、立ち食いうどん吉

店頭の看板には「きつね・てんぷら・月見・おぼろ」が320円。スペシャルが400円とある。スペシャルが気になる…。

西九条駅、立ち食いうどん吉

お店の中に入ると食券制で

西九条駅、立ち食いうどん吉

店内には座れるイスはなく、看板に「立喰い」とあったように立ながら食べるスタイル。高架下でこの雰囲気は、なんだかよく似合う。

しかも、注文を受けた店のおばちゃんが、うどんを茹でながら音楽に合わせて演歌を歌いだした。妙に哀愁を感じる(笑)

西九条駅、立ち食いうどん吉

注文してから待つこと約3分…

西九条駅、立ち食いうどん吉

これが「スペシャルうどん」です。きつね、天ぷら、月見が一つになった内容。これで400円は確かにお得かも。

西九条駅、立ち食いうどん吉

関西のうどんにしては濃い味で、てんぷらの衣が大半。お揚げさんは味がしっかりしみている。そこに生卵が入ってるのだ。

うどんの麺はありきたりで、特別感はないのに不思議と美味しい。これは雰囲気でそう感じるのか?衣が8割ほど占めるエビ天が妙に気に入ったりもした。サクサクだし♪

西九条駅、立ち食いうどん吉

高架下の立喰いうどん…、勝手なイメージですが女性より男が良く似合う。だから、このような店に来ると「男で良かった」と思うことがある。哀愁漂う雰囲気の中、明らかに利用客はおっさんが多い。特別な店でもないのに、この満足感は実に不思議なのである。

グルメ評価

立喰いうどん・そば 吉

住所:大阪市此花区西九条3-16-18
電話:06-6468-4101
営業:10:00~20:00 日曜定休