【大阪/天満橋】船の上から満開の桜を!大川さくらクルーズは子供無料

●記事が参考になった時は「シェア」してね♪

食べログ グルメブログランキング   

ランキングに参加してみました。↑
順位は…

大川さくらクルーズ(大阪、天満橋)

例年より桜の開花が早く、2018年の今年は3月27日頃から街中がピンク色に染まり、どこで花見をしようか考えるだけでも、ワクワクしちゃいますね。そんな中、今回紹介するのは桜並木を船で楽しむ「大川さくらクルーズ」です。

ここは京阪の天満橋駅からスグの場所にある八軒家浜船着場から乗船します。私はJRの大阪天満宮駅から15分ほど歩き、途中にある南天満公園で弁当を食べ、少し昼寝して…と、そんな流れだったワケですが、対岸を見ると…。

大川さくらクルーズ

そこには八軒家浜船着場があって、平日だと言うのに人がスゴイ!もともと今回は船に乗ろう!そう決めてたので、遠くに見える人混みは心中穏やかではない。

これは1時間は待つな…と。

大川さくらクルーズ

よし、行ってみよう。

大川さくらクルーズ

ちなみに、お弁当を食べた「南天満公園」は上の写真に見える桜の見える場所。ここはお弁当を食べるには最高な場所で個人的にチョットおすすめ。

もしここも人でいっぱいなら、少し北に3分ほど行くと「滝川公園」と言うのがある。そこも桜がキレイで、お弁当を食べるには穴場かも。

さて、大川さくらクルーズですが…、こんな感じの船です。

大川さくらクルーズ

もしくは、こんなやつもある…。

大川さくらクルーズ

船は選べません。順番に並んでて、自分の番になってやって来た船に乗らないと行けない。「どの船に乗っても一緒やん」と思うでしょ?そんなことはないんです。写真にある通り屋根付き屋根無しと言った大きな違いがあります。女性の場合は日焼けなど気にされる方も多いので屋根付きが嬉しいかもしれませんね。

でも、私個人的な意見を言えば、屋根無しの方が良いと思っています。理由は屋根があると反対側の景色が見えにくいから。例えば右側に座ったら、屋根のせいで左側が見えにくくなるように感じるからです。

大川さくらクルーズ

この場所から出発するクルージング色々あります。その中でも「大川さくらクルーズ」は一番安い1,200円小学生無料乗船時間は25分ほど。

それにしても小学生無料ってのは家族連れには有難い!!

大川さくらクルーズ

ただメッチャ並んでます。ちなみに平日の13時頃で約1時間待ちでした。

あとから知ったのですが15時以降は、混雑は少しマシになるようです。昼前後が一番混んでるっぽい。

大川さくらクルーズ

とにかく凄い人。

大川さくらクルーズ

と、まぁ~こんな感じで1時間ほど待って、やっと乗船出来ました。

大川さくらクルーズ

最初に天満橋を越え、そして次に川崎橋の下を行きます。

大川さくらクルーズ

そして左前方に造幣局が見えてきました。ここは桜の通り抜けで有名な場所ですが、2018年は4月11日~17日のようですね。詳しくは造幣局の公式サイトにて確認して下さいね。

大川さくらクルーズ

そして桜宮橋を過ぎると、大阪帝国ホテルが見え、

大川さくらクルーズ

この辺りでターンになる。

大川さくらクルーズ

あっ!そうそう、乗船する時にもし座席が選べるなら、右側の方がおすすめ ですよ。行きも帰りも船は右側通行で進行しているので、右側の席の人の方が桜に近いんです。
(座席が選べるか否かは、乗船する時のタイミング次第なので運の要素が強いけど…)

ほら、下の写真見たら、その雰囲気分かるでしょ!!

大川さくらクルーズ

少しですが大阪城も見えました。

大川さくらクルーズ

この日は天気が良かったのもあって、ものすごく快適。

大川さくらクルーズ

ふぅ~、約25分の船の旅もお終いです。

大川さくらクルーズ

1時間並ぶの大変だけど、並んで良かったなぁ~って言うのが素直な感想。桜に囲まれた場所で弁当を食べ、桜並木を歩いて散策して、船の上からも桜を見上げて、春だなぁ~

今回は「大川さくらクルーズ」を紹介しましたが、別に「ひまわり」と言うものもあって、そちらは金額はチョットUPし、子供も有料ですが、かなり良さそう。何がイイって?甲板の上で自由に歩けそうなんですよ。次回はそっちをトライしてみたいと考えてます。

大川さくらクルーズ

場所:八軒家浜船着場(京阪本線・地下鉄「天満橋駅」すぐ)
期間:2018年3月24日(土)~4月17日
出航時間:10時~19時まで (10~30分間隔で運航)
金額:大人1,200円 小学生無料
(大人1名につきお子様1名まで。お子様2名以上は小学生料金600円が必要)
参考サイト(水都大阪)