【大阪】ミツヤ心斎橋本店で禁断のメニュー!伝説のミツヤライス

●記事が参考になった時は「シェア」してね♪

 ミツヤ 心斎橋店(大阪、道頓堀)

大阪ミナミで最も賑わう道頓堀のグリコ看板のある戎橋。大阪の観光の代表的な場所で、ここでグリコのランナーのポーズで写真を撮るのは定番ですね。この界隈には飲食店が多く、休憩しようと思えばどこでも出来ます。

スターバックスもあれば、マクドナルドやロッテリアもある。でも、せっかく道頓堀に来たなら、関西初の元祖あんみつで知られるミツヤもおすすめ!

ミツヤ 心斎橋店

道頓堀の戎橋から心斎橋筋商店街北に進みスグ。おそらく1~2分ほど。

ミツヤ 心斎橋店

ほら!見えてきました。



今はそこら中にスタバやマクドでゆっくり出来るけど、私が学生の頃はそうゆう店が少なく、いや知らなかっただけかもしれないけど、ミツヤで集合が多かった。

私の場合は心斎橋本店でなく、天王寺にある阿倍野店だったかな。でもミツヤに来る度に当時の事を思い出す。そんな人も多いのではないでしょうか。

ミツヤ 心斎橋店

さてさて、この店は心斎橋ミツヤ 心斎橋店。ここがミツヤの本店です。

▼この店を「食べログ」で見る

おぉ~本店だなぁ~と、歴史を感じさせてくれるレトロな感じを色濃く感じるのが、店舗の上を見上げるとクルクルブランコに座って回っている人形

ミツヤ 心斎橋店

そして店内に所々あるステンドグラス。

実にいい感じです。今どきのお洒落なカフェとは根本的に違う重厚感があって、カフェとレストラン、洋食屋さんがミックスした雰囲気もなんだか素敵です。

ミツヤ 心斎橋店

ミツヤと言えば、あんみつ、パフェで知られているけど…

ミツヤ 心斎橋店

今回は、何か食事でもしようと…

そうそう、ミツヤで食事と言えば、鉄板スパゲティーが人気ですね。あのジュワーっと音を立てながらテーブルま運んでくれるスタイルは、初めて食べた学生の頃は感動したものだ。

今では一般的なこのスタイル、これはミツヤが先駆けだったはず。

ミツヤ 心斎橋店

さて、何を食べようか…

ミツヤ 心斎橋店

おぉ~!こんなものが…伝説のミツヤライスだと(p_-)

ミツヤ 心斎橋店

ポークカツ+オムライス+スパゲティーが一つになった禁断のメニューだ。値段は1,000円。さすがに…これはヤバイよね、カロリー凄そうです。

でも…、でも…、でも…

注文しちゃいました(‘ω’)ノ ほら!!

ミツヤ 心斎橋店

一応サラダもあるぞ。

ミツヤ 心斎橋店

オムライスにはトマトソースたっぷりで…

ミツヤ 心斎橋店

真ん中にはポークカツがあって…

その横にはミートソースたっぷりのスパゲティー

ミツヤ 心斎橋店

すごい…

ミツヤ 心斎橋店

オムライスの中はケチャップライスかな。って言うか、トマトソースが濃厚過ぎて、口の中がトマト&ケチャップに支配されていく…。

でも、けっこう美味しい。

ミツヤ 心斎橋店

それは変でしょ!と言われるかもしれないけど、途中でカツがアッサリした心地に感じる。口に含むとホッと癒される。それほど全体的に味は濃い。

ミツヤ 心斎橋店

極めつけは、ミートスパゲティー

ミツヤ 心斎橋店

誤解しないで欲しいのだけど、濃い!濃い!濃い!と言いながらも、それぞれの味は本当に美味しい。でも、濃いのは当然なんだけどね。そうゆうメニューを注文してるわけでだし…。

要するに、この伝説のミツヤライスを注文する場合、安易な気持ちで注文してはいけないのかも。そうでないと胃もたれが…。もう若くなのだと自分自身を受けとめたりもする。

しかし楽しい!気分を若返らせてくれるメニュー。苦戦しながらも完食です。

グルメ評価

ミツヤ 心斎橋店

場所:大阪市中央区心斎橋筋2丁目3−21
電話:06-6211-4751
営業:9:30~22:00
定休:なし
公式ホームページ
食べログ