【大阪】天満橋で薩摩ごかもん「もつ鍋」がコスパ最高でウマい!

●記事が参考になった時は「シェア」してね♪

食べログ グルメブログランキング   

薩摩ごかもん 天満橋総本店(大阪、天満橋)

大阪にいながら九州の美味しい食事が楽しめる事で知られている「薩摩ごかもん」天満橋店に来てみました。

この薩摩ごかもんって何店舗くらいあるのかな?公式サイトが見当たらず、詳しくは分からないけど大阪には梅田茶屋町、京橋にもあり、チェーン店とは感じさせない料理の質があり、この店に来たらまず間違いない。そんなお店。

薩摩ごかもん 天満橋総本店

接客もしっかりしてるし、個室もある。ただ難点を言えば喫煙がOKなこと。たばこを吸わない人間からすると、ちょっと…って感じ。

個室に入れば問題ないけど、厳しい目線で言えば個室も少し匂う場合がある。せっかく美味しい料理に拘ってるのに、ここだけがなぁ~って感じる場合が多い。

さて、今回は鍋料理を食べにやって来ました!!これがね、意外と安いんです。例えば「もつ鍋」の場合は一人前で1,480円。もちろん〆の麺や雑炊は追加料金だけど実にお手頃。

薩摩ごかもん 天満橋総本店

ちなみに、鍋の種類は色々あって、例えば「くえ鍋」「猪豚の味噌鍋」「博多水炊き鍋」「しゃぶしゃぶ」「すき焼き」など。

今回は「国産牛のぷりぷりもつ鍋」を…♪

その前に…、「かんぱちのお造り(880円)」を。本当は名物のイカの刺身を注文したかったが今日は入荷無し。残念。この店はね、刺身がメチャ美味しいんですよ。

薩摩ごかもん 天満橋総本店

あとね、鶏肉も美味しいの。でも刺身や鶏肉を調子にのってガンガン注文しちゃうとイイ値段になっちゃうので要注意。

「国産鶏の皮串焼き(480円)」

薩摩ごかもん 天満橋総本店

地味に、この「フライドポテト 明太マヨネーズ添え(480円)」もなかなか。お芋の味がしっかりしててホクホク。

薩摩ごかもん 天満橋総本店

さて、今回の主役の「もつ鍋」です。

薩摩ごかもん 天満橋総本店

この店では、「もつ鍋」を注文すると一緒に柚子胡椒もやって来ます。

入れ過ぎちゃうと柚子胡椒の味が勝ってしまうので逆に勿体ないが、チョンといれると良いアクセントになるんですよ。特に〆の雑炊の時は必須です。

薩摩ごかもん 天満橋総本店

さてさて、火を点火してから10分もすると… ゴトゴトと!!

薩摩ごかもん 天満橋総本店

モツは大きくてプリプリ。野菜も沢山食べられるし、何と言ってもダシがたまらん!

これはウマい!!!コレで一人前1480円、なるほどコスパも最高だ。

実は私の家では冬になると3日に一度は鍋をする鍋一家。野菜が沢山食べられるし、寒い日は最高ですよね。モツ鍋も頻繁にするけど、うちの近所の肉屋で売ってるモツと比べたら、全然違うんです。大きいけど柔らかい。噛必要ないほどとろける感じ。

〆には「ラーメン」「ちゃんぽん」と麺類は2種類あって、その違いは麺の細さ太さだけのようです。お店の方に「もつ鍋はどっちの麺が合う?」と聞くと、「私は間違いなくラーメンがおすすめです」と即答。

よく「どちらも美味しいですよ…」なんて無難な回答をされる場合が多い中、この迷いのない即答は嬉しい!!細くて硬めのラーメンの麺は鍋のスープに相性抜群。お店の方の通り。うんうん、ウマい。

薩摩ごかもん 天満橋総本店

そして〆の第2弾として、雑炊も…!!

薩摩ごかもん 天満橋総本店

麺も食べて、雑炊も食べる。まさに理想的パターン。ちなみにラーメンは350円、雑炊は400円の追加料金です。

薩摩ごかもん 天満橋総本店

雑炊も言うまでもなく美味しい。家で食べる鍋も良いが、こうやって外で食べる鍋も最高ですね。特に寒い日は体もポカポカで温まるし、やっぱ鍋ですねぇ~

今回は3人で利用しましたが、腹いっぱい食べて飲んで計1万円以下。これは実にお得。また来ちゃいそうです♪

グルメ評価

薩摩ごかもん 天満橋総本店

住所:大阪市中央区天満橋京町1-1 京阪シティモール 8F
電話:050-5890-1635
11:00~15:00/17:00~23:00