仏教とヒンドゥー教の関係とは?見所いっぱいのチェンマイ郊外の山頂寺院

●記事が参考になった時は「シェア」してね♪

タイ旅行記(12)チェンマイ

チェンマイの山頂にある寺院「ワット・プラ・タート・ドーイ・ステープ」に関しブログで書くのは今日で4回目。「最初は謎の生物」「2回目は大迫力なナーガの階段」「3回目は頂上に輝く黄金の世界」をテーマにして書きました。

私としては1つの寺院を4回に分けて書くのは珍しいんですが、それだけ魅力的でした。って言うか、もしチェンマイに行くならココは是非行っておきたい場所です。

ワット・プラ・タート・ドーイ・ステープ

そうそう!実はね、ここに来て分からない事が増えたんです。宗教そのもののが分からなくなったと言うか、頭の中で???(クエッションマーク)が増えたと言うか…

何があったかと言えば、ここは仏教寺院のはずなんだけど、ほら!

ワット・プラ・タート・ドーイ・ステープ

ここにゾウの顔をした神様がいるんです。

ワット・プラ・タート・ドーイ・ステープ

これは確かヒンドゥー教のガネーシャのはず。タイはゾウが有名なので、タイの仏教にはゾウの神様が存在するのかしら?なんて思ったりも…

 ワット・プラ・タート・ドーイ・ステープ

何となく煮え切らない気持ちのまま、周囲を歩いていると… え?

ワット・プラ・タート・ドーイ・ステープ

これって、やっぱり明らかにヒンドゥー教のガネーシャ!!

ワット・プラ・タート・ドーイ・ステープ

しかも、確かこれはガネーシャのお母さんパールヴァティーの化身で荒々しい戦いの神と言われているカーリーですね。う~む…

ワット・プラ・タート・ドーイ・ステープ

仏教&ヒンドゥー教。要するに原点は一緒って意味なのかな? それともインドにおいて仏教はヒンドゥー教の一派とされるなんて考えもあるとも言われたりもするので、そんな考えの中の何かなのかしら? う~ん、今の私にはさっぱり分からない。ただただ不思議な感じが心に残った。(この辺は、時間をかけて勉強して行きたいなぁ~って思う)

さて、この寺院を紹介するにあたり蛇神ナーガの階段を紹介した事がありましたが、この寺院には、あらゆる場所で蛇神ナーガを目にします。

ワット・プラ・タート・ドーイ・ステープ

ほら、ここにも!

ワット・プラ・タート・ドーイ・ステープ

とにかく屋根の上は蛇神だらけって感じです。

ワット・プラ・タート・ドーイ・ステープ

鐘を見てみると…

ワット・プラ・タート・ドーイ・ステープ

あっ!ここにも蛇神がいました。あらゆる場所を守ってるって感じですね。

ワット・プラ・タート・ドーイ・ステープ

階段と言う階段に必ずいますよ~

ワット・プラ・タート・ドーイ・ステープ

ほら… ん?太った蛇神がいる。

ワット・プラ・タート・ドーイ・ステープ

いや、カバかな?

ワット・プラ・タート・ドーイ・ステープ

どう見てもこれは蛇神ではない。何となくあの謎の生物を思い出す。カバのようにも見えるけど、タイでカバってのもイメージが出来ないし、う~ん…

この…つぶらな瞳…

ワット・プラ・タート・ドーイ・ステープ

ワニだ。きっとワニに違いない。勝手な推測です。
さてさて、この「ワット・プラ・タート・ドーイ・ステープ」と言う寺院は標高1080メートルの山の上にあるので景色も最高です。

ワット・プラ・タート・ドーイ・ステープ

じゃじゃ~ん!!

 ワット・プラ・タート・ドーイ・ステープ

上の写真を見て、少し分かりにくいけど、何となく正方形に見える場所ありますよね。あの部分がチェンマイの旧市街です。城壁に守られた街です。この地図と見比べたら、より分かりやすいかも。

これはチェンマイの空港。

ワット・プラ・タート・ドーイ・ステープ

ちなみに逆に空港から山頂を見ると、こんな感じです。

ワット・プラ・タート・ドーイ・ステープ

分かるかな?

ワット・プラ・タート・ドーイ・ステープ

こんな山の上にある寺院なんですよ。

ワット・プラ・タート・ドーイ・ステープ

実はチェンマイの空港に着いた時に「あの山の上に行ってみよう」って決めたんです、同じようにメーホーソンって町に行った時も空港から見える山頂に寺院があって、そこも「行こう!」って決めて行っちゃいました。メーホーソンは麓から山頂まで歩いたのでヘトヘトになったけど(笑) この話はまた後日に。

でも、このチェンマイの「ワット・プラ・タート・ドーイ・ステープ」は想像以上に良かった。ここは以前も来てるはずなんだけど、今と見方が全然違うし、感動する部分も違ってる気がしました。旅先を再訪するってのも、何だかいいものです。

前のページ / 次のページ