(スポンサーリンク)

チェンマイの寺院「ワット・スアン・ドーク」で輝く黄金仏&いたずら修行僧

タイ旅行記(17)チェンマイ

チェンマイにある寺院「ワット・スアン・ドーク」を過去2回紹介してきて、今回で3回目になります。最初は真っ白な世界、そしてトラと豹の謎に関してでしたね。さて、今回はこちらのお堂の中に入ってみたいと思います。

これが結構凄いんですよ!!!!(^_-)-☆

ワット・スアン・ドーク

中に入ると、けっこう細かい部分まで繊細で、キョロキョロと色々目に入ってくるのですが、でもやっぱり入ってすぐに目に飛び込んでくる…

ワット・スアン・ドーク

この立像のインパクトはスゴイ。仏様が背中合わせでいるようですね。

ワット・スアン・ドーク

よし、正面に回って見てみましょう。

 ワット・スアン・ドーク

う~ん、いい感じです。

ワット・スアン・ドーク

そして、ずっと奥まで歩いて行き… ハッ!って振り返ってみると、おぉ~こりゃスゴイ。大空間にも驚かされますが、とにかく美しい!!

ワット・スアン・ドーク

これは見ごたえありますね。

ワット・スアン・ドーク

見ているだけで、とても有難く感じてきました。

ワット・スアン・ドーク

すると… 修行僧による掃除が始まり出した。

ワット・スアン・ドーク

一生懸命頑張って、掃除して… ん?(p_-)

ワット・スアン・ドーク

思わず激写。いたずら坊主の修行姿だ(笑) この本堂に関して調べてみると、ここにある青銅の仏像は、500年以上前に作られたもので、タイの国内で1、2位の大きさを競うと言われているそうです。

この青銅の仏像ってのが正直にどれか分かりませんが、あの黄金色の仏像なのだろうか?大きさの事を言っていますので、そうかもしれませんね。細かい部分はまだ未確認ですが、とにかく印象深い場所でした。掃除の坊主を含めて…(^_-)-☆

前のページ / 次のページ