(スポンサーリンク)

チェンマイ旧市街で最も格式高い寺院ワット・プラ・シンで黄金に輝く象

タイ旅行記(18)チェンマイ

チェンマイの旧市街。ソンテオの運転手と別れて徒歩で散策することにしたのですが、とにかく車が多い!この喧騒とした感じが東南アジアだと改めて実感させられます。

さて、ここは「ワット・プラ・シン」です。この寺院はチェンマイで最も格式が高いと言われている寺院です。

ワット・プラ・シン

この場所に王様の墓として仏塔を建てた事が起源だそうですよ。

ワット・プラ・シン

さてさて、今までチェンマイの寺院を何度かブログで紹介してきていますので、またか!って思われる方もあるかと思いますが…

ワット・プラ・シン

必ず見かけます。もう驚きません(笑)

この蛇のようなのは蛇神ナーガとワニのような海獣マカラが結合したものだそうですよ。この様子はマラカがナーガを食べてるとも、吐き出してるとも見て取れ、実際にどちらを意味してるのかは分からないようです

ワット・プラ・シン

そして、お堂の中はこんな感じ~

ワット・プラ・シン

ただ何て言ったらよいのか分かりませんが、この寺院(ワット・プラ・シン)は旧市街内にあること、また有名である事から観光客が多いので、郊外の寺院を先に見てきてしまうと、何となく物足りない感もあったりも…

それに全体的に新しい感じがして、ありがたみが弱かったりもしちゃうのですが、実はそのすぐ横には…

ワット・プラ・シン

かなり歴史を感じさせてくれる場所もありました。

 ワット・プラ・シン

私個人的にはこちらの方が見応えがあり…

ワット・プラ・シン

やっぱ歴史あるものは素敵ですね。

ワット・プラ・シン

さて、奥に進んで行くと…黄金に輝く何かが!、と…その前に

ワット・プラ・シン

おかっぱ頭の狛犬がいて、そして…

ワット・プラ・シン

この中にはリアル過ぎる高僧の像がありました。ほら4人座ってるでしょ。あまりにリアルで、ちょっと怖い…。

ワット・プラ・シン

そして、その横には…黄金色に輝く

ワット・プラ・シン

ん?(゚∀゚)

ワット・プラ・シン

何だこれは??黄金に輝くゾウが…

ワット・プラ・シン

更に金のゾウの上には仏様も。

 ワット・プラ・シン

う~ん…これらが何を意味するんだろ?

ワット・プラ・シン

とにかく言えることは想像以上に黄金に輝くゾウは美しかったってこと。仏塔にゾウがいる光景ってのは、実は他の場所にも数多くあるのですが、このように黄金色をしてるのは、私が知る限りではココだけでした。

チェンマイって意外と黄金色に輝く場所が多く、日本と何となく配色感が違う部分など見ていて面白かったりします。

前のページ / 次のページ