チェンマイのタクシーと交通事情、そして城壁が残るターペー門

タイ旅行記(21)チェンマイ

タイ北部の都市チェンマイ。ここは交通の要所としても便利な街で多くの旅人たちが集う街でもあります。そんなチェンマイは旧市街と郊外と観光の見所は大きく分かれ、交通手段としてはタクシーやソンテオ、トゥクトゥクなど色々あります。

一般的な交通手段としてはトゥクトゥクが一番気軽で金額的にも安くおすすめですが、今回はタクシーにも乗ってみました。

ターペー門

タクシーはエアコンも完備、比較的ドライバーも紳士的でなかなか良い感じでした。ただ気になったのが…これ!

ターペー門

ここにスマホが設置されてたんです!これって日本にあるのか?ないのか?私は知りませんが(私はないと思っていますが…)使い方によっては怖い気が。

実際にはナビとして活用されてましたので、正しく安全な使い方をされてましたが、メールやLINE、テレビ電話やゲームなどに使ったりする人もあるだろうから、そう考えるとなんだか恐ろしい。(どうも、マラッカからのった高速バスの件を思い出して…)

さてさて…

ターペー門

チェンマイの街は交通量が多く、バイクも二人乗り、三人乗りは当たり前でノーヘルも頻繁に見かけます。ただタクシーの運転手から聞く話では、特にノーヘルは警察に捕まる者が多いそうな。(その割には平気で走ってる人が多い、笑)

ターペー門

チェンマイの旧市街には外堀のような川があります。(地図を見たら分かりやすい)

ターペー門

そして、かつては街を城壁でぐるりと囲んでいたようです。

 ターペー門

なんとも見事な城壁があって、この場所はターペー門と言う旧市街の東側に位置する巨大な城壁門です。チェンマイの空港から旧市街に行く時は「ターペー門まで行って」と。何となく言いやすいし、分かりやすいし、頭を使わなくて良いから便利なんです。だから宿もこの近くで探しました。

ターペー門

城壁には階段があるけど、上には登れませんでした。

 ターペー門

少し離れて見るとこんな感じ。

ターペー門

この門の向こうが…

ターペー門

チェンマイの旧市街です(‘ω’)ノ

ターペー門

今回のブログで紹介してきたゾウの仏塔のあった「ワット・チェンマン」「ワット・ドゥアング・ディー」、そして黄金のゾウのあった「ワット・プラシン」などは全て旧市街の中です。

あ、そうそう…このターペー門の近くで本場?と言うべきなのでしょうタイ料理を食べたので次回はそれを紹介しますね。

前のページ / 次のページ