(スポンサーリンク)

【徳島】受験のパワースポット!お松大権現と2万体の招き猫

●記事の内容がOKなら「シェア」してね♪

お松大権現(徳島、阿南市)

徳島県阿南市に猫神様、お松さんと親しまれている「お松大権現」があります。ここは「勝負事の神様」「受験の神様」「訴訟の神様」として多くの方に親しまれ、特に受験のパワースポットとして人気。

境内には猫、猫、猫・・・!社殿に納められた無数の招き猫、鳥居の横には2メートル級の巨大な招き猫があります。

この内容は旅行サイト「たびねす」記事でも公開されました。

お松大権現

そして猫の足跡も!!これは猫神さまのだろうか?

お松大権現

更に言えば、この「お松大権現」は有馬・鍋島と共に日本三大怪猫伝の一つと伝わる場所。化け猫と聞けば怖いイメージもありますが、ここでは怖い話ではなく、実話に基づいた猫が悪を討つ正義の物語なんですよ。

どんな物語かと言えば…

江戸中期の頃、阿波国の加茂村では不作が続き、この村の惣兵衛は村の窮状を救うため、私有の田地五反を担保に富豪の野上三左衛門にお金を借りた。これがこの物語の始まりです。

お松大権現

この惣兵衛は借金を返済するが証文を受け取る前に病死する。

金を貸した富豪の野上三左衛門も、惣兵衛の容態が良くないと聞き、お見舞いがてらに金を受け取り、証文を直ぐに持ってくると嘘をついて、戻って来なかった。

妻のお松が証文を請求するも知らぬ、存ぜぬと偽る始末。逆に返したはずの金を返せとお松に迫り出す。根っからの悪党でした。そして担保の田地を奪い取ってしまう。

まるで水戸黄門などに出てきそうな内容ですが、ここはハッピーエンドには終わらない。

お松がこの悪行を奉行所に訴えるも、奉行は賄賂を受け取っていたので話をまともに聞かず、それどころか、お松の美貌に惹かれ奉行はお松に襲い掛かろうとする。

行き場のないお松は死を選び、その一部始終を見ていた猫が‟化け猫”に姿を変えて悪人共をを討ったという実話に基づく話なのです。

お松大権現

しかし、ここで言うお松さんの死は自殺などではなく直訴の決行。この当時は藩主、大名への直訴はその是非に関わらず死罪と決まっていました。

つまり悪行に屈せず、死をもって正義を訴えたのです。真相を全て目にしていた寵愛する猫の三毛に遺恨を残し、お松は処刑を受ける。

しかし、その猫もまた一緒に殺されてしまいます…。

化け猫伝説…

その後しばらくして、三左衛門、奉行の家々に怪奇な化け猫騒動が起き始める。身内が発狂、変死、病死が相次ぎ、次々と不幸が起き「化け猫が…」と口にする。

そして最終的に両家は断絶する。

お松大権現

お松権現社に伝承されるご由緒は、言論の自由が与えられた明治以降に公然と語られ世に出るようになりました。やはりお役人の不祥事的な部分もあり、公には出来なかったようです。

密かに伝えられ、祭られてきたお松さんと三毛猫の話。もちろん伝承の中には人々の感情や脚色は否めません。

命をかけた直訴が勝利した

とは言え、伝えんとするところは「正義」です。お松さんが直訴したことによって、結果的に悪人を成敗したと言う正義が多くの人の心を動かし、密かに祀られました。そして、

いつの頃からか勝負事にご利益があると言われるようになりました。

お松大権現

境内は猫だらけ

だから境内には、猫、猫、猫・・・!

お松大権現

屋根瓦の上にもありますよ。

お松大権現

狛犬ではなく、駒猫の姿もある。

お松大権現

他には、猫大仏、猫不動、猫の七福神の姿も!!

お松大権現

また本堂の中もそうでしたが、お堂の中に入ると…

お松大権現

招き猫だらけです。スゴイ!!

お松大権現

メッチャご利益ありそうでしょ。

お松大権現

ここでは招き猫が2万体以上あるそうですよ。

お松大権現

そして、見てください!!

お松大権現

絵馬のかかった場所も、招き猫だらけ!

お松大権現

絵馬の願い事を見ると、「○○大学に合格しますように」と言う受験の願懸けが目立つも「合格しました、ありがとうございます」とお礼の言葉も多い。

かなりご利益が高そうです。

お松大権現

境内には、本物の猫ちゃんも多く、まじで癒されます(笑)

お松大権現

ここでは無数の招き猫に驚かされるが、リアル猫の懐っこさにもビックリで猫好きにはたまらないスポット。可愛らしいお守りなどもありますよ。

受験生は特にですが、何か挑戦したい時など、ここにきて願懸けをすると願いが叶うかも!そんなパワースポット。超おすすめです。

お松大権現

住所:徳島県阿南市加茂町不ケ63
電話:0884-25-0556
公式ホームページ
トラベルjpたびねすの記事