東京でUber Eats 配達パートナーに!隙間時間を利用して自由な働き方

●記事が参考になった時は「シェア」してね♪

東京Uber Eats 配達パートナー

緑の大きなカバンを背負って颯爽と自転車で走り去っていく姿を見た事のある人も多いはず。これは最新のフードデリバリーサービス!Uber Eats (ウーバーイーツ)です。

日本国内では、東京から始まり、横浜、川崎、大阪、京都、神戸、名古屋のエリアでサービスを展開しています。規模が拡大するにつれ知名度も上がり、注文数も増え、特に今は東京でUber Eats配達パートナーは必要とされています。

▼Uber Eats配達パートナーの登録はこちら

東京でUber Eats配達パートナーに登録してみませんか?

このUber Eats配達パートナーはアルバイトでありません。配達員でもありません。つまり、Uber Eatsとの雇用関係はなく、皆さん個人事業主として契約になります。

だから20歳でも、学生でも個人事業主!と言う事になります。

ウーバーイーツ

Uber Eatsとは、ファーストフード店から行列のできるレストランまで、アプリやウエブサイトから簡単に好きな料理が注文できる最新のフードデリバリーサービスのこと。

まさに話題のビジネスモデルですね。

▼Uber Eatsを利用して公園でステーキを注文した時の様子はこちら



東京Uber Eats 配達パートナー登録

このUber Eatsの配達パートナーは、雇用関係ではなく個人事業主。だから朝だけ、夜だけ、夕方だけ、昼間だけ、土日のみ、と言った感じで、仕事のリズムは自分で決めることが出来ます。だから空き時間を有効に使える仕組み。スゴイでしょ!!

年齢:20~60代
性別:男女

あのバイトで良く見かける、窮屈なシフトとか無いってのも素晴らしい。この配達パートナーは自分の自転車、原付バイク、軽貨物車両で登録し配達します。

▼Uber Eats配達パートナーの登録はこちら