【情報】Uber Eats初回利用にお得!
Uber Eats1,000円割引(2019年12月31日まで有効)
プロモーションコード:ins6jt1h
   

Uber Eatsで働くには?配達パートナーで稼ぐコツと簡単登録方法

●記事が参考になった時は「シェア」してね♪

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは?

Uber Eatsとは、自転車やバイクなどを使い、レストランなどの料理をお客様に届ける新しい形のフードデリバリーサービス。

マクドナルドやケンタッキーなどのファーストフード人気レストランなどの料理を、配達エリアであれば自宅に限らず会社や公園で何処でも配達してくれます。

料理を注文する人 ⇒ 便利

料理を配達する人 ⇒ 副業として魅力

料理を注文してもらった時の様子は、既にブログ内で紹介していますので、Uber Eatsの副業について、つまり配達する側のメリットに関して説明してみましょう。

Uber Eats (ウーバーイーツ)大阪 Uber Eats(ウーバーイーツ)って知っていますか...

Uber Eatsで稼ぐコツ

Uber Eatsで配達するには?

Uber Eatsで料理を届ける人は正社員でも、アルバイトでもありません。実は全てが個人事業主配達パートナーです。

だから、この業務に携わるための資格や履歴書が必要ありません髪形や服装も全て自由。もちろんシフトもないし、ノルマもない上司もいません。働きたい時に働くだけ。

つまり、働き方は自由で、30分や1時間だけという流れでも良いし、週1でも、週末だけ、毎日働く、なんでもOKなのです。

要するに、全て自分のリズムで働けるのと言うのが特徴です。

Uber Eats配達パートナーの仕事の流れ

Uber Eatsの配達パートナーになると、専用アプリを使い、注文からお届けまで全て完結することが出来ます。

仕事の流れは至ってシンプルで簡単です。

お金はアプリ上でお客さんがクレジットカードで決済しているので、注文が入ると、リクエストに応え、料理を受け取り、それを注文者に届けるだけ。金銭のやり取りは無用です。

Uber Eatsの配達パートナーは稼げるの?

Uber Eatsの配達パートナーの収入は、人によって大差があります。その理由は「地域によっての違い」「個人のスキル」が言えるでしょう。

時給800円~2,000円と言ったイメージです。1日ガッツリ稼働すると1万~2万円ほど稼げるケースもあります。

地域によっての違い

この金額さは、地域によって稼ぎやすさが異なります。

例えば、加盟しているレストランの多い東京や大阪は注文数も多く入ります。つまり仕事量が多いのです。だから1時間に2~4件の配達の配達が可能です。

Uber Eatsのサービスが始まってスグのエリアなど、Uber Eatsの後発な地域は、加盟店の数が少なく認知度が低いので注文数も少ないでしょう。そうなると1時間に1~2件と言った仕事量になってしまうかもしれません。

要するに、仕事量によって時給の平均値が変わるというワケです。

個人のスキル

収入は個人のスキルも収入に大きく左右すると言えるでしょう。例えば、自転車を漕ぐ体力スピード、また土地勘の有無も効率に大きく影響します。

自転車はママチャリより、クロスバイクの方が効率よく、原付バイクの方がより効率が良いと言えます。

慣れないうちは時給1,000円以下の計算になってしまう場合もありますが、慣れて来ると時給2,000円以上稼ぐ人もいます。

Uber Eatsで稼ぐコツ

Uber Eatsの配達パートナーで稼げるのか?と上記で紹介の中で、配達回数の多さが鍵と言うのが分かったと思います。

この配達回数を稼ぐ為には、配達距離が少なくて、注文が多い店を知っておくと言うのがポイントです。

また、お店で料理が出来上がるまで待たされてしまうパターンもあるので、調理の早い店も知っておくと良いでしょう。

そんな中で、特にマクドナルドはしっかりマークしておくと良いでしょう。注文数も多く、提供も早い、しっかり稼ぐには外せないお店です。

Uber Eatsの配達パートナーの報酬体系

Uber Eatsの報酬は、1配達に対して幾らと金額が決まっているわけではありません。具体的には以下の計算になります。

基本料金×ブースト-手数料+クエスト

これを見ても、なんのこっちゃ?って感じですね。

基本料金とは?

基本料金は「受取料金」「受け渡し料金」「距離料金」によって決まります。

ブーストとは?

ブーストは注文数の多い時間帯やエリアの配達報酬が上がるシステムのこと。基本的には無条件で毎日発生します。

クエストとは?

クエストは回数インセンティブのこと。つまり一定期間の配達回数に応じて支払われる追加報酬で、その期間は数時間のものもあれば、数日間の場合もあります。

Uber Eats 配達パートナー登録について

このUber Eats配達パートナー、ちょっとやってみようかな。

って方は多いと思います。

雇用ではなく個人事業主としての契約なので、少し面倒かなって思うかもしれませんが、実は驚くほどに簡単でシンプルです。

Uber Eats配達パートナー開始までの流れ

登録

個人情報アップロード

メール受信

パートナーセンターへ行く
(30分ほどの説明を聞く、配達バックを受け取る)

好きな時に配達する

まずはUber Eats配達パートナー登録に登録します。

登録すると、メールで「パートナーセンター説明会参加」のお知らせが届きます。

このパートナーセンターは、営業時間内であれば、予約する必要もなく、自分の好きな時に行ってOKです。

パートナーセンターで簡単な説明(30分ほど)を聞いて、配達バックを受け取る。それだけでお終い。面接なんて堅苦しいモノはありません。

この配達バックを受け取った瞬間から、好きな時に仕事が出来ます。

驚くほど簡単でしょ。

パートナーセンターに。持ち物は?

Uber Eatsの配達パートナーに登録し、パートナーセンターで簡単な説明を受け、そして配達バッグを受け取ったら配達の仕事はスタートできます。

このパートナーセンターに行く時に必要な持ち物は…

①配達に使うスマートフォン

②SMSの受け取りや発着信可能な電話番号

③銀行口座情報

トラブル防止の為、正しく銀行口座が登録されているか確認をするので、登録した銀行口座のキャッスカードが必要です。

④その他、登録に必要な書類

登録書類のアップロードや内容に問題があった場合は必要となるので念のために持って行きましょう。(身分証明書・車両登録に必要な書類・外国籍の方は登録に必要な書類)

Uber Eats 配達パートナー銀行口座登録 副業などでUber Eats 配達パートナーで働い...
Uber Eats パートナーセンター Uber Eats 配達パートナーは、注文者の元へ料理を配...