【大阪】エシレのオムレットは30分前だぞ!阪急百貨店で人気のお菓子

●記事が参考になった時は「シェア」してね♪

エシレ・マルシェ オ ブール(大阪、阪急百貨店)

百貨店の食料品売り場って何故あんなにワクワクするのだろうか。歩いて見てるだけで楽しくなる。肉、魚、野菜、果物、お惣菜…なんでもある。何百年も昔から人々が集う場所に市場があったと言うが百貨店の地下こそ現代の市場そのもの。

そんな活気ある百貨店の地下で定期的に発生する行列がある。ここは阪急百貨店地下2階エシレ・マルシェ オ ブールと言うお店の前。

エシレ・マルシェ オ ブール

エシレと言えば、パン好き、バター好きなら絶対に知っているはず!フランス中西部エシレ村で伝統を守り作られるてきたフランス産発酵バターの専門店。



そして、この店では時間限定で販売されている大人気の焼き菓子がある。それがオムレットであり、ブリオッシュ・エシレだ。

エシレ・マルシェ オ ブール

例えば、人気のオムレットに関して言えば…、12:00、14:00、16:00、18:001日4回数量限定で販売される。その数量は100個限定で、1人20個まで購入可能

と言う事は運が悪かったら最初の5人で完売と言う事もあり得る?のか…。

エシレ・マルシェ オ ブール

ちなみに、手土産などで人気なのが「サブレ・エシレ&フロランタン」。これはネットでも購入が出来ます。

▼「サブレ・エシレ」のお取り寄せを見る

エシレ・マルシェ オ ブール

そしてエシレバター。もちろんバターも買って帰りました。

このエシレバター有塩無塩があります。私は有塩を購入しました。この有塩タイプは想像以上に塩分が強かったです。バターの味を素直に味わいたいなら、無塩の方がおすすめかも。この辺は個人差がでそうだけど、とにかく!このバターは本当に激ウマです。

詳細は後日ブログにて書く予定です。

▼エシレバター(有塩/無塩)のお取り寄せを見る

エシレ・マルシェ オ ブール

この「エクレール・エシレ」は1ヵ月4回のみ販売の品。

エシレ・マルシェ オ ブール

さてさて、今回は「オムレット」を購入する事に。18:00販売の列に並び始めたのは約30分前の17:30分頃。このタイミングでは前に3人ほどしかいなかった。

そして私たちが並んでから5分するかしないうちに後ろに10人以上の列が出来始めた。もちろん!その日によって。また販売する商品によって違いはあるだろうけど、このオムレットに関して言えば30分前がポイントのようです。

※ただしテレビなどで紹介された直後は30分前に並んでの購入は厳しいかも…

エシレ・マルシェ オ ブール

そして販売開始18:00の5分ほど前に「完売」となった。

エシレ・マルシェ オ ブール

そして今回購入した「オムレット」は…

エシレ・マルシェ オ ブール

「オムレット・ブール」と「オムレット・オランジュ」の2種類。オムレット・ブールが通常版で、オムレット・オランジュはオレンジリキュールでサッパリした風味を効かせたもの。金額は両方とも同じで324円

エシレ・マルシェ オ ブール

見るからに濃厚バター風味と言った感じだけど、実際に食べてみた感想を言えば、思っていたほどバターの味は強くない。

バターよりもカスタード感の方がある。とは言えバターの風味もしっかり。こんな表現が正しいのか分からないけど「あっさりカスタードバタークリーム」と言った印象。

エシレ・マルシェ オ ブール

そんなクリームがフワフワとした生地に贅沢なほどたっぷり挟まれている。甘いのが苦手な人でも大丈夫。甘すぎる事は無い。更に言えば、オムレット・オランジュより、普通の「オムレット・ブール」の方がおすすめ。オレンジの風味も良いがオリジナルが一番。

賞味期限は翌日までOK。と言う事で、私は翌朝の朝食に。コーヒーと一緒に優雅な朝食。たまには、こんな贅沢な心地の朝食も良いものです。そしてその翌日からは、購入したエシレのバター&フランスパンでの朝食が続く。

バターに関しては別記しますが、エシレはやっぱ良いね!阪急に来たらおすすめです。

グルメ評価

エシレ・マルシェ オ ブール

場所:大阪市北区角田町8−7 阪急うめだ本店 B2F
電話:06-6361-1381
▼エシレバターのお取り寄せ