取材依頼&お問合せ、サイト運営者情報

プロフィール

プロフィール

旅と食べ歩きが大好きで「旅人間」のペンネームでブログや旅行記を書いています。

旅は学生時代に短期留学で中国に行ったことが海外に興味を持ち始めたキッカケ。大学卒業後は就職活動はせず、旅館の住み込みバイトで資金を貯め、アメリカへ。途中で旅にハマり学校を辞め、数ヵ月レンタカーで国立公園巡ったのは今でも忘れられない一番の思い出です。

帰国後はシンガポールで働き、東南アジアからインドに一人旅。途中のタイで首長族の村に滞在、2016年に15年ぶりに再訪し、現在も村の人とは交流が続いています。

旅の経験が忘れられず、旅と繋がっておきたいと2005年から「Yahooブログ」を書き始め、2017年8月より現在のブログに現在のワードプレス版に移行。

現在は「トラベルjp たびねす」など旅&グルメを中心に複数メディアで記事を書いています。Twitterも始めました。

2017年より「ことりっぷ」にて連載開始。
※「旅人間」のペンネームで書いているのはブログ、たびねす、Twitterのみです。

他、地域情報サイト、グルメサイトなど…。

2014年 たびねす 新人賞
2015年 たびねす 年間アクセス1位賞
2016年 spotlight 月間アクセス3位(現在はやっていません)

■取材・仕事のご依頼など御座いましたら、お気軽にお問合せ下さい。
(出版に関するお話など御座いましたら、是非宜しくお願い致します)

お問合せ

また、出版経験もあります。異業種ですので、ここでは詳細を控えますが永岡書店から専門書の執筆を担当し初版1万部。重版にもなりました。

過去に30店舗のチェーン店の統括部長を経験。在籍していた8年間は一度として前年対比を割ることなく、売り上げ&店舗拡大に貢献。人材育成なども担当。

●店舗の売上に悩んでいるなら…

チェーン店は特に新店舗を増やし売り上げを伸ばすのではなく、既存店をいかに安定させ維持し続けるかが重要と考えています。その為に最も大事なのは人材。いい人材を採用するのではなく、いい人材になってもらう組織を作る。今いる従業員その人が、自分の働く店のファンであるような環境づくりが大事。

従業員の不安や不満は経営者には見えずらいもの。直属の上司もなかなか気が付かないのが現実。この核となる部分を解消すれば、自然と売上も上がって行きます。
(この核となる部分の解消は、社外人間の介入が効果的です)

なぜ、これで売上が上がるのか?従業員が自分の仕事に魅力を感じ出すと、最初に変化するのは単価です。販売単価が上がり始めます。また、店が清潔になったり、手作り案内などが出来だしたりもする。そうなると店内での会話も多くなります。

店員さんとお客さんのコミュニケーションも増え出すと、リピーターは常連客になり、新規客も増えてゆく。これは単なる一例ですが、店の売り上げは販促以上に、内部を見直す事で簡単に上がります。これは個人店も同様と言えるでしょう。

現在、私はライター業を通して数多くの飲食店や施設を利用する中で、このようなコンサル業、アドバイスなども仕事としてお受けしています。あなたの店の核となっている部分は何でしょうか?これらご依頼に関しては、スケジュール的にお断りさせて頂く場合も御座いますが、興味のある方は、お気軽にお問合せ下さい。

●お遍路代行サービス

これは…、あるジャーナリストさんと話す中で「やってみたら」と言うアドバイスから企画したものです。四国巡礼八十八ケ所巡りなど、高齢な方や体調不良など行きたくても行けない方を対象に、旅のライター流にアレンジしてみました。詳しくはこちら

当サイトの「画像」に関して

私がブログで使用している画像は基本的には引用して頂いても構いません。ただし美術関係、仏像、絵画、国宝、寺院、ホテル、人物などに関しましては、特別に許可を頂いて取材として撮影をしているものが含まれていますので、これらの引用は全てお断りとさせて下さい。また背景に人物が含まれている画像の引用もお控えください。

グルメ系の画像に関しては特に問題はないと判断しております。ただし、どのサイトに、どのように利用されるのかは把握したいと思っていますので、ご連絡だけ頂きますよう、お願い致します(問題のない場合はお返事は致しません)。また画像引用先など、使用されるサイトにリンクで提示して頂けたら確認しやすいので助かります。

私自身、かつてキュレーションサイトで記事を書いた経験もあり、適切な引用に関しては理解をしたいと思っています。ただし、何らかの問題が生じた場合、全ての画像引用はお断りと変更する場合も御座います。この点は予めご了承ください。