(スポンサーリンク)

なんと、引き出しから「宇宙旅行プレゼント」の応募用紙が出て来たぞ!

史上初!宇宙旅行プレゼント

先日、実家に帰った時のこと。何気なく机の引き出しを開けてみると「あ…」って言うものを見つけました。それは今から20年ほど前にサントリーのキャンペーン企画の応募用紙。しかも内容は「宇宙へ行こう」ってやつ。な…懐かしい。

そう言えば、世界を旅するぞ!って熱い思いを抱き、そのもっと先にある「宇宙の旅」と言った壮大なドラマに魅力を感じてペプシを買って飲んで応募していました。その時のもの。

宇宙旅行

しかも、あの頃、これを部屋に貼ってました (笑)

宇宙旅行

でも今改めて見たら、ペプシマンの顔の所に画びょうの跡が残ってる…

宇宙旅行

当時の自分がイマイチ思い出せないんだけど、もう少し画びょうを刺す場所を考えられなかったのか?ペプシマンの顔に画びょうを突き刺して部屋に貼ってたようです。このテキトーさ、我ながらセンスが悪い。

でも、この企画ってどうなったんでしょうね?

改めて見ると、凄いんですよ!!応募は1998年6月1日~8月31日まで。そして2001年に宇宙旅行の旅が5名に当たると言うもの。そして、何より文言が素晴らしいよね。読んでると今でも胸が躍ります。

宇宙旅行

内容をそのまま読んでみると…

それは空想ではなく、現実の体験です。本物の宇宙旅行です。2001年より出発予定の人類初の民間宇宙旅行プログラムに、抽選で5名様をご優待致します。
プログラムはまず、地上での講義や実習に始まり、飛行士の訓練など準備を経て、出発は6日目。高度5万フィートで切り離されたスペースクルーザーは、大気圏上層でロケットに点火し、100キロメートルの宇宙飛行士高度に達します。
副操縦士の他は当選者と係員1名の貸切りフライトとなる予定です。ペプシが贈る世紀のプレゼント、カウントダウンが始まっています。

プログラムの内容がイメージできて、とても現実的な気がしてきます。

宇宙旅行

でも、よく見たら…、1,000万円分をプレゼントとある。更に小さい字の部分を読んで行くと、「1,000を超える金額は当選者に負担して頂きます」と書かれていました。宇宙旅行って金額的にいくら位なのか分かりませんが、仮に1,500万としたら、500万は自己負担。よくよく考えたら現実的ではなかったのかも。

ネットで宇宙旅行と調べて見ると、このサイトでは2017年以降運航開始予定とありました。毎年、今年こそは!みたいな感じでしょうか?金額は一人あたり25万米ドルとあるので、内容は同じではないとしても、宇宙旅行が1,000万円以下で行けるイメージが無い(笑)

でも、このプレゼント企画では「万一このプログラムが主催者側の都合で中止になった場合は、1,000万円をもらえる」とも書かれていました。

宇宙旅行

実際は、どうなったのか分からないけど、2017年の現在においても民間宇宙旅行に出たと言う話は聞いた事が無く、とりあえず宇宙旅行は行けてないはず。と言う事は、このプレゼント企画は流れてしまったに違いない。もし実現してたらニュースになってますよね!

当選者が決まってから企画が流れていたなら1,000万円を手にした人がいるってことだ。もしそうなら実に羨ましい。でも何となく当選者の発表もなく話は消えてしまったような気もするが…。実際は分からないし、仮に知った所で何もない。

いずれにせよ、当時はちょっとした夢を見れたプレゼント企画だったなぁ~ 宇宙か…。しかし、この応募用紙がよく残っていたものだ。しみじみ…