南船場「辛激屋」の黒カレーは辛い辛い辛い!でも美味い。

辛激屋(心斎橋・長堀橋)

大阪の心斎橋周には美味しいカレー屋さんが沢山あって、その中でも私が中毒的に何度か足を運んでしまう店は南船場にある「辛激屋」と言うお店。いかにも辛そうな名前だけど、普通に注文をするメニューは特に辛いと言うワケではありません。

長堀の辛激屋

この店はカウンターだけの小さな店で、ちょっとクールな店主さんと、そのお母さんでしょうか?この二人が絶妙な息の合ったコンビネーションで黙々と仕事をこなしています。

愛想のかけらもない雰囲気の店主さんですが、実は優しく、間違って辛いメニューを注文してしまったりしたら、応急処置をしてくれたり、ルーが足りない時は追加してくれたりします。しかも、こちらから言うのではなく、パッ気が付き話しかけてくれます。

長堀の辛激屋

不愛想なんだか、愛想が良いのか分からない感じですが、やはり愛想が良いと言った雰囲気ではありません(笑) 言うなれば、根っからのカレー職人って感じ。

さて、この店では「黒カレー」が人気。この黒カレーはとにかく辛い。激辛マニアからは大したことがないと言われるそうですが、一般常識的に言えば、十二分に辛いです。だから始めての人は要注意。

長堀の辛激屋

私が個人的におすすめなのが「チーズカレー」に野菜トッピング。これがクセになるスパイスでも入ってるのかしら?って思うほど、定期的に食べたくなるんです。この味は一度騙されたと思って食べてみて下さい。

最初のうちは「まぁまぁ美味いやん」って程度ですが、最後の方になると名残惜しくなり、食べ終わった2~3日後に、また食べたくなるんです。

長堀の辛激屋

ちなみに、この店はは大盛りは100円増し。でも店主さんはご飯の量をどうするか聞いてくれます。「ちょっと多めで…」が通用する優しさがあり、このちょっと多めは無料サービス。しかもご飯の量を少なくすると値引きがある。人が良過ぎますよね。

そして無料サービスの「ちょっと多め」は、他の店では十分に大盛りで通用するボリュームです。更に言えば、ご飯の量が多すぎて最後の方にルーが足りないかも…って感じる頃に、「ルー追加しましょうか?」と声をかけてくれる。「はい」とお願いすると、ほんの少量でもスパイスを合わせて作り出す。ホント!良い店なんですよ。

長堀の辛激屋

さて、こちらは「黒カレー」です。辛ヤツです。

長堀の辛激屋

この店に来たら、7~8割の人が注文する姿を見て、辛いのは得意ではないけど注文したくなり、思い切って注文してみました。すると最初の一口は「大丈夫やん」って思ったけど、3口目くらいから汗がタラタラ出始めて、頭皮がチクチクし始める。口はヒーヒーして、もう大変。途中で泣きたくなるほど辛かった。

長堀の辛激屋

するとクールな店主さんが「いつもチーズカレーなのに、大丈夫か心配だったんですが」と話しかけてくれて、「想像以上に辛かった」と返事したら食べやすいようにライスを追加してくれました。

この黒カレーは「もう二度と食べない!」って思ったけど、数か月たったら再び黒カレーを食べたくなったんです。あんな大変な思いをしたのに不思議。その話を店主さん言うと、「チーズ入れたらどうですか?マイルドになりますよ」と。

長堀の辛激屋

食べてみると「く~来たー」と叫びたくなるほど辛い。でも最初に食べた時と比べると慣れたのか?チーズのおかげか?けっこう普通に食べれました。辛いけど美味い。黒カレーは再び食べたいと気分です。この店のカレーは本当にクセになりますよ。

グルメ評価

辛激屋

大阪府大阪市中央区南船場2-5-21
11:00~19:00
日祝休み