(スポンサーリンク)

チェンマイで格式高いワット チェーディ・ルアンで蛇神ナーガの謎に迫る!

タイ旅行記(29)チェンマイ

チェンマイの旧市街にあるワット チェーディ・ルアン巨大な仏塔を前回に紹介しましたが、実はこの時に興味深いものを発見しました。それは下の写真です。日本で言う干支の「子・丑・寅・卯・辰・巳~」が仏塔の前に順番に並んでて…

ワット チェーディ・ルアン

例えば、順番に見て行くと、ネズミから始まり…

ワット チェーディ・ルアン

ちなみに興味深いと言うのは、ネズミが白い豚やアリクイに見えるとか、そんなんではありません。牛もヤギっぽいけどね…。

ワット チェーディ・ルアン

牛にトラ~

ワット チェーディ・ルアン

そしてウサギ、

ワット チェーディ・ルアン

これが龍ですね。

ワット チェーディ・ルアン

巳のヘビは、タイではコブラになるようです。

ワット チェーディ・ルアン

あれ?(・o・) ちょっと待てよ…このブログで何度もチェンマイの寺院を紹介する中で登場してきた蛇神ナーガ。何度も何度も「蛇神ナーガ」を発見したと書いて来ました。例えば、この下の写真に関しても蛇神ナーガかと思ってました。

ところが、この「子・丑・寅・卯・辰・巳~」で見るとヘビはコブラで、蛇神はヘビではなく、龍がモデルなのか??

ワット チェーディ・ルアン

こうやって比べてみると…

ワット チェーディ・ルアン

そうなると、この階段の両端を守ってるのは「蛇神」ではなく「龍」なのか? いや「蛇神」そのものが「龍」なのだろうか。近くにいたタイ人の男性に「これ何?」と指さして聞いてみたら「ナーガ」と言う返事が戻って来ました。

うむ!もしかしたら「ヘビ」=「蛇神」ではなく、「蛇神」=「龍」っぽいですね。勝手な仮説だけど、蛇が神になったら龍になる!みたいな感じでしょうか。いずれにせよ階段を守るのは蛇神ナーガ、ここ見れる十二支の龍はナーガにそっくり。なんだか興味深いものですね。

前のページ / 次のページ