快適なタイ航空、そしてビーマン・バングラデシュ航空の思い出

●記事が参考になった時は「シェア」してね♪

タイ旅行記(5)チェンマイ

今回の旅行はタイ航空を使いました。関西空港からバンコク、そしてチェンマイと移動したのですが、これがけっこう快適。今まで色々な飛行機に乗ったけどタイ航空はイイ!!

タイ航空

何と言っても機内食が美味い!!ソーセージなんてプリって感じ。

タイ航空

バンコク到着直前には、サンドイッチ&おにぎりのセット。この米とパンの組合せは微妙に感じるけど、実際に機内で手にすると嬉しいものなんですよ。サンドイッチは食べて、おにぎりは持ち帰り途中で食べました。(関西空港からバンコクまでは約6時間です)

タイ航空

そして、バンコクの空港でチェンマイ行に乗り換えました。バンコクの空港ではついつい「Mango & Sticky Rice」を食べてしまいましたが…

タイ航空

このバンコクとチェンマイも1時間20分ほどなのに、ちゃ~んとタコスっぽいブリトーのような食事も出ました。中身はホウレンソウ&チーズで熱々!!いや~、この機内食は満足ですね。美味かった!!タイ航空はポイント高い。

タイ航空

そう言えば…飛行機で思い出すのが…

印象に強く残ってるビーマン・バングラデシュ航空16年ほど前にバンコクからインドのカルカッタに行った時に使いました。

今はどうか知りませんが、バンコクの安宿街のカオサンでチケットを買うのが安いと言う情報があって、カオサンにある旅行会社で手配。当時は自由な時間もあり「とにかく一番安いチケットにして」と言って、手渡されたのがビーマン・バングラデシュ航空のチケットだった。実は当時、ものすごく面白い噂があったんです。それは…

ビーマンは機内に穴が開いてて
途中で機内に雲が入ってくる…と言った噂。

この噂は欧米人から教えてもらったんだけど、けっこう頻繁に耳にしました。そんなアホなーって感じですが、皆口を合わせて言うのが「だって隙間と言う隙間にテッシュが詰め込まれて、雲が入ってこないようにしてるんだよ」と。そして「もし雲が入ってきたら、とにかく手で防げ!」って言うんです(笑)

まったく欧米人は「こうゆうギャグ好きだよなぁ~」って適当に聞いていたけど、実際にビーマン・バングラデシュ航空に乗ってみると…

窓の近くの隙間には、本当にギッシリとテッシュが詰まってた(笑)

あの驚きと言うか感動は凄かった。ホンマかよ!!!って。今なら絶対に写真を撮ってると思う。もう一度、あの感動を体験してみたくて、バングラデシュかインドに計画してみても良いかなぁ~なんて、思ってたけど、テロの関係で当面は難しそう。(でも昔の話だから、今はさすがに様子も違うでしょうけどね)

雲が機内に入ってくるなんて絶対にあり得ないことですが、当時のビーマンは隙間と言う隙間にテッシュが挟まってて、凄い光景でした。離陸した時、本当に雲が入って来たらどうしよう…って、ちょっとドキドキしたけど、気圧の関係で、そんな事は絶対にありえませんよね(笑) ちょっとした面白い思い出です。

ちなみに、あの時はバンコク(タイ)ーカルカッタ(インド)の便でしたが、バングラディッシュのダッカのホテルで一泊付きでした。ホテルの部屋まで警官らしき人がが付いて来て、「絶対に部屋から出るな」と。ダッカには入国手続きをせずに宿泊だったからだと思いますが、独特な雰囲気だった。ついつい、ビーマン・バングラデシュ航空を思い出しちゃった。タイ航空とは全く違う意味で大満足だったもので。

さてさて、チェンマイに着きました。

タイ航空

空港は広すぎずちょうどいいサイズ。

タイ航空

タイは信仰の熱い神様の国ですね。

タイ航空

あ…干支かな? 子、丑、寅、卯…

タイ航空

辰…

タイ航空

巳…

タイ航空

あまり詳しくないけど干支の十二支って日本だけじゃないんですね。しかもタイだと巳(ヘビ)はコブラ。そして辰ですが、この辰がチェンマイの寺院にはとっても多いんですよ!! チェンマイはね寺が面白い。また、この辺も順に紹介していきますね。

前のページ / 次のページ