【長野】日本一の星空 ヘブンスそのはらナイトツアーで悲劇の満天率

●記事が参考になった時は「シェア」してね♪

天空の星空ヘブンスそのはら(長野県、阿智村)

今年の夏は星空を見に行こう!それを一番の目的に計画した家族旅行。目的地は自然豊かな信州阿智村にある富士見台高原

ここは環境省が実施する全国星空継続観察で「星が最も輝いて見える場所」第一位になった天空の星空「ヘブンスそのはら」だ。標高1,400m地点までゴンドラで行き、そこで合図と共に設置された照明が一斉に消灯する日本一の星空ナイトツアー

▼JTB専用ゲートが利用出来るナイトツアープランを探す

ヘブンスそのはら

ちなみに、今回の旅行…。今年(2018年)は7月に入ってから35℃を超える猛暑日の連続。週間予報を見ても晴れマークばかり。昔から雨男と周囲から非難されてきた私だが、今回は間違いない。大丈夫だ。晴天の星空を見に行くぞ!!と。

予定は7月26日。家族のスケジュールを合わし、もし雨が降りそうなら予定は8月に変更することだって出来る。そして2日前の24日に最終確認して宿を予約しました。

ここまで慎重になれば間違いない。…はずだった(T_T)

ヘブンスそのはら

しかし、事態は急変する。宿を予約した翌朝…

ニュースを見ると25日の朝に台風が発生したと言うではないか!!



しかも台風の異例の進路は信州。えぇぇー!Σ(・ω・ノ)ノ!。ここまで慎重にしたのに。雨男とは言われ続けて来たけど、ここまで根深い雨男だったとは…

もう宿のキャンセル料100%。行くしかない。家族からは何故か私にブーイング。あの…私、何も悪い事してないと思うのだけど…(涙

そして「ヘブンスそのはら」に到着すると…

ヘブンスそのはら

予想満天率がまさかの1% (;゚Д゚) uso to itte…

実を言うと、台風が発生したと知った時から、満点の星空は無理かなって諦めてました。

宿もとったし、今回は今回の楽しみ方をしようと割り切って出発。そして途中で「ヘブンスそのはら」に電話して天気の様子を聞いたりしたんです。

そしたら、夕方の5時頃の段階では「晴れてますよ」「でも予報では8時頃から雨です」と。今回は行くのやめて宿でゆっくりしようかとも思ったけど、ダメもとで行くか!となり、ここまで来てみたら…1%だったわけ(笑)

ゴンドラ(ロープウェイ)は1人2200円。星空が見えなかったら、実に勿体ない。

ヘブンスそのはら

うむ… 99%不可能でも、1%の望みにかける!絶対に見れる。信じるんだ。「晴れろ、晴れろ、晴れろ」と念じてみた。

そうそう、この悪天候の中でも意外と混んでました。こんな天候なのに、きっと同じように1%の望みにかけているに違いない。

ヘブンスそのはら

ちなみに、このゴンドラのチケット販売&運行は19:30まで。それを超えるとナイトツアーには参加できません。

そして山頂で8:00に消灯下りのゴンドラは20:30~と言った流れ。

ヘブンスそのはら

今回のこの悪天候で、この混み具合…。スゴイ!しかも夏休みと期間とは言え平日。もし天気が良かったらスゴイ混雑してたんじゃないだろうか。

こんな時に「さすがだなぁ~」と感じたのはJTBの優先搭乗ゲート。せっかくココまで来て、19:30に間に合わなく、山頂まで行けないなんてオチはシャレにならない。

だって、20:00には消灯が決まっている。ゴンドラに乗れる人数も限りがある。十分にあり得る話だと思う。

もし確実に行きたいなら、JTBで予約しておくのがおすすめです。

▼JTB専用ゲートが利用出来るナイトツアープランを探す

ヘブンスそのはら

夜にゴンドラに乗るのって、始めてかも…

ヘブンスそのはら

このゴンドラが約15分間長いけっこうスピードも速い。暗い中を進むゴンドラって不思議な気分で、これがけっこう楽しめます。

って言うか、見上げても雲が多く星が見えず、夜のゴンドラが妙に楽しく思えてくるのです。ここに少しでも楽しさを見出そうと言う心理状態なのかな。

ヘブンスそのはら

さぁ!到着だ。すごい人。

ヘブンスそのはら

山の上は涼しい。上着は絶対に持って行った方が良い。

ヘブンスそのはら

しばらくすると、霧が…

ヘブンスそのはら

えぇぇ~!もう星空なんて絶対にムリ。

ヘブンスそのはら

あぁ~なんてこったー!!

ヘブンスそのはら

と言った感じの状態。

でもね、20:00の消灯直前に奇跡的に霧が晴れたんです。会場でどよめきが起きて「やった見れるかも」と期待が高まる。

そんなタイミングに星空案内人が出て来た。やった!と思ったけど…

スグにカウントダウンをするのかと思えば、くだらない挨拶を始めだした。「今でしょ!今!このタイミングで照明を消すんだ。20:00だぞ!」と会場がどよめく。

それなのに星空案内人は、マイペースにどうでも良い挨拶を続ける…。

おいおいおい!空気が読めてない。なんて三流ヤローだ。ここが大阪なら「アホかお前は、はよ始めろ、ボケー」と叫ぶ人が続出しているに違いない。

案の定、再び霧が出て来てしまった。

ベストな状態を逃してカウントダウンが始まり、周囲は真っ暗に。

星は…一応見えたけど、悪天候の中なので星の数は大阪とあまり変わらない(笑) でもレジャーシートを引いて寝転がり、夜空を見上げてたのは楽しい時間。星の数が少なくても、思ってた以上に楽しめた。

今回、雨は降りそうで降らなかった。少しパラパラとした程度。

もちろん満点の星空を見たかった。すごく楽しみにしていたので見れなかったのは残念だし無念。そりゃ~悔しいさ。でも、再び信州に来る理由が出来たと思えば、それもまた楽しい。次も雨なら本気で泣くと思うけど。ココは絶対にリベンジしたい。

ヘブンスそのはら

もし「ヘブンスそのはら」のナイトツアーに参加するなら…

夏でも上着は絶対に持って行った方が良い。想像より寒いです。雨具(レインコート)も念のため持っておいた方が良いと思う。あとレジャーシートは必要です。

それと!星空を見に行く時は新月(満月の逆、月が無いタイミング)を狙うべし。月明かりが星の明りを消してしまうからです。出来るだけ月明かりの少ない日を選ぶのがポイント!

▼参考になる月のカレンダーはこちら

必要なモノ&ポイント

上着雨具レジャーシート
そして、月の明るさをチェックして予定を立てる。

それと、これは言いたい!!

ここの星空案内人の話はイマイチ。公式サイトには「大人気の星のお兄さんの爆笑スターライトショー」とあり、業界では有名な人なのかもしれないが、この人は何か勘違いをしている。トークに笑っている人もいるけど、そもそも目的が違う。

私らは星を見に、星の話を聞きに、ここまで来たのだ!

この星空案内人に会いに来たわけではない。中途半端なトークが多すぎる。それに天候不良の際のもって行き方が下手過ぎる。ナイトツアーのマイナス点はココだけかな。

あとは天候の運ですね。

そして、ゴンドラを降りて売店に立ち寄ると…

ヘブンスそのはら

色んなお土産が売ってました。宇宙おにぎり。珍しいかな?

ヘブンスそのはら

そうそう、帰りのゴンドラは当然ですが、すっごく混みます。私たちは雨が降りそうだったので、山頂でのんびりせずにスグに帰りましたが、もし時間があるなら、山頂でゆっくる過ごし帰るのが一番良いでしょう。

もしくは帰り口近くで陣取りレジャーシートを引いて、消灯時間が終わったらスグにゴンドラに行くか。ですね。帰り口は正面右奥のプロジェクターで画面を出してる近くから一方通行になりますよ。

最後に…

今回は日本一の星空は見れなかったけど、悪天候でも楽しめました。ただ…満天の星空なら、どんなに素晴らしかっただろうか(涙)

今回は星空観測でなく、ほぼ霧観測になってしまった。ネタ的には悪くはないが、やっぱり悔しい。でも家族間で「リベンジ信州」の想いが高まった。旅は、順調じゃなかった時の方が、結果的に印象深く、思い出に残ったりするもの。うん、今回はこれで良いのだ。それしか言えない。

そして、今回のこの台風12号も異例の進路変更し、東から西へと異例の進路を進んで大阪にやって来た。自宅に到着すると豪雨。雨男って…、なにかと不便。

▼JTB専用ゲートが利用出来るナイトツアープランを探す

天空の星空ヘブンスそのはら

場所:長野県下伊那郡阿智村智里 智里3731-4
電話:0265-44-2311
公式ホームページ
JTB専用ゲートが利用出来るナイトツアープランを探す