【大阪】燃えよ麺助で鴨か貝か?行列必至!大阪福島で人気のラーメン

●記事が参考になった時は「シェア」してね♪

食べログ グルメブログランキング   

 燃えよ麺助(大阪、福島)

よくテレビなどで「大阪人は並ぶの嫌い」「大阪人は行列してまで食べない」なんて見かける事がありますが、あれは誤情報だと思う。だって私は大阪人ですが並んで食べる事は多いし、実際に行列が出来ている店は沢山ある。

例えば、大阪の福島にある「燃えよ麺助」と言うラーメン屋さん。この店はいつ来ても必ず行列しています。どんなに空いていても30分待ちは当たり前と言う人気店。

燃えよ麺助

ちなみに私が並んだ日、周囲のお客さんの会話から察すると「今日は空いてるな」と言った感じで約40分待ち。話しっぷりをみても皆さん関西人。観光客が並んでいるわけではない。そう、大阪人も並ぶのである!!

さてさて、やっと順番が目の前になったぞ。

燃えよ麺助

注文は店内の券売機ですが、並んでる時にメニューがやって来ます。

この店のラーメンは大きく分けて2種類。しっかり鴨だし醤油あっさり貝だし醤油。つまりvs。さぁ、どうする!?って感じなのだ。

燃えよ麺助

メニューが少し見にくいので、分かりやすくすると…

<しっかり鴨だし醤油>
味玉紀州鴨そば 970円
紀州鴨そば 870円
特製紀州鴨そば(全部増し+紀州鴨もも肉入り) 1150円

<あっさり貝だし醤油>
味玉菌色貝そば 880円
金色貝そば 780円
特製金色貝そば(全部増し) 970円

<トッピング>
極み味玉 100円
メンマ増し 100円
二度漬け焼きネギ増し 50円
レアチャーシュー増し 250円
とろけるイベリコ豚チャーシュー 290円

<サイドメニュー>
鴨とり飯 350円
あぶりチャーシュー丼 350円
杉本さん家のこだわりご飯 150円

店内はカウンターのみで、とっても清潔感がある。写真では厨房が光の加減で青く写って見えるが実際はこんな感じではない。接客も心地よく、良い雰囲気。

燃えよ麺助

席に着くと、ラーメンのこだわりが書かれています。

燃えよ麺助

さてさて、鴨か貝か、どちらにしようか迷った結果…

今回注文したのは「しっかり鴨だし醤油 味玉紀州鴨そば」に。そしてメニューに限定と書かれていた「とろけるイベリコ豚チャーシュー」をトッピング。実は40分も並んだら、そんな頻繁には来ないだろうし、並んだんやから豪華に行くか…と不思議な心理状態になる。今回はライスも注文したので、計1410円も使ってしまった。

そして、じゃじゃーん!これが「しっかり鴨だし醤油 味玉紀州鴨そば」です。

燃えよ麺助

ビジュアル的に、めちゃ美味しそう!そしてスープを一口飲むと、しっかりした味わいにほのかな甘みとコクがある。口当たりはアッサリ

案内には小豆島の醤油を使っていると書かれていた。小豆島の醤油と言えば、木桶で熟成させた伝統的な製法が今も受け継がれ、全国的にも一級品の醤油だと聞いた事がある。

そこに鴨と鶏そして魚介のダシが合わさっている。なるほど、体に染み込んで行く感じがたまらない。

燃えよ麺助

大きなメンマに味玉。

燃えよ麺助

そして鴨肉にトッピングした「とろけるイベリコ豚チャーシュー」です。イベリコ豚チャーシューは美味しかったけど、ちょっとトロケ過ぎだ…

燃えよ麺助

麺もしっかりした歯ごたえがあり、アッサリした醤油ベースの味に抜群の相性。

燃えよ麺助

なるほど!確かにウマい。それに、ただ美味しいではなく、素材の良さが食べて分かる感じも良い。とっても贅沢な気分にさせてくれる味。とは言っても…、まぁまぁ金額も跳ね上がってますけどね(笑) でも、これなら行列が出来るのも納得。

次は貝もトライしてみたいけど、また並ぶのかぁ~と思うと…。あっ!そう言えば、隣の席の人がスープをかけて食べる「鴨とり飯」を美味い美味いと連呼してた。うむ、出来るだけ近いうちに、また行くとするかな。

グルメ評価

燃えよ麺助

住所:大阪市福島区福島5-12-21
電話:06-6452-2101
営業:11:30~15:00/18:00~21:00
定休:月曜日