【鶴橋】まぐろ食堂の鉄火丼に衝撃!ご飯よりマグロが多いぞ

●記事が参考になった時は「シェア」してね♪

鶴橋まぐろ食堂(大阪、鶴橋)

大阪の鶴橋といえば焼肉韓国料理のイメージが強いけど、実は魚が美味しい店も多い。駅の近くに鶴橋鮮魚市場があるのは見逃せないポイントです。

その中でも代表的な店といえば、まぐろ食堂 でしょう。

鶴橋まぐろ食堂

この界隈は屋根のある商店街が続いています。どことなく薄暗く、午前中でも看板に照明が灯っています。この独特な風情は、何となくアジアを旅している時のよう。

そして不思議と懐かしく感じる風景でもある。なんかいい感じです。

鶴橋まぐろ食堂

この商店街を歩いていると、大きな魚の骨がドーンと見えたら、そこが「まぐろ食堂」です。店名の通り“まぐろ”で有名なお店。

この店は、10時半開店で、12時半には店が閉まるので要注意!



ここで違和感を感じるのは…

そう!「オムライス」の看板。まぐろ専門店で、店名もマグロの文字があり、それなのに看板にドーンとオムライスの文字。「ん?」って思っちゃうよね。

実は、今はマグロで有名なお店ですが、もとはオムライスも超人気で、スタートは洋食屋だったとか…。残念ながら、現在はオムライスはやっていません。

鶴橋まぐろ食堂

さて、お店に入ると1階はカウンター中心で、この人気店は満席か行列が当たり前。2階に通される事も多いです。

この2階に向かう階段恐ろしいほど急で、殆どハシゴのような階段なのです。

このような雰囲気の中にあるお店ですが、仮に並んでも、絶対に食べておきたいのが「鉄火丼」「ユッケ丼」でしょう。

鶴橋まぐろ食堂

お値段は共に1,650円。値段だけを見ると決して安くはないけど、その内容を知れば納得のお値段です。それは驚くほどにマグロが”てんこ盛り”だからです。

ほら、こんな感じ!

鶴橋まぐろ食堂

ちなみに、この小皿はサービスの「ユッケ」です。

このサービスの小皿は、午前中だけ付いてくるようです。ただ、必ずあるとは限らないので、もし巡り合えたらラッキーといった感じでしょうか。味噌汁付き。

鶴橋まぐろ食堂

今回、注文したのは「鉄火丼」です。

鶴橋まぐろ食堂

はっきり言うと、この店の鉄火丼は、マグロの量が半端ではありません。量がスゴイ。デカ盛りの海鮮丼の店って他にも色々ありますが、そのような店って具の量に応じてライスも多いのが一般的ですよね。それが常識。

しかし、ここではなんです!

つまり、ここではライスは全体の3分の1くらいでしょうか。マグロだらけの鉄火丼です。食べても食べてもマグロだらけ…。

鶴橋まぐろ食堂

とっても美味しいけど、あまりにマグロが多いから、味に少し飽きてくるのが難点。マグロ食べ過ぎ状態に…。ハッキリ言って、尋常ではないマグロの量なのです。

思わず、「こんなボリューム大にして利益あるの?」と言いたくなるほど、信じられない具のボリュームです。

鶴橋まぐろ食堂

だから、個人的には「鉄火丼」よりも「ユッケ丼」の方が漬け醤油と共にズルズルっと食べられるので、おすすめなのかも…と感じたりもしています。

この考えは極めて贅沢なのですが、それほどマグロの量が多いという意味です。この店はとにかくスゴイ!一度は食べに来たい大阪の名店です。

グルメ評価

鶴橋まぐろ食堂

場所:大阪市東成区東小橋3丁目18−9
電話:06-6974-9779
営業:10:30~12:30
定休:水曜