(スポンサーリンク)

チェンマイの移動手段のソンテオ&トゥクトゥクの運賃はいくらほど?

タイ旅行記(8)チェンマイ

タイ北部を旅行して来ました。ここはタイ北部の都市チェンマイです。今回はタイで主要な交通手段に関して書いてみたいと思います。このタイ旅行記を書き始め何度かソンテオと言うタクシーに関して触れて来ましたが、こんな感じ(^_-)-☆

トゥクトゥク&ソンテオ

赤い小型トラックみたいでしょ。基本的には助手席に乗ったりせず、後ろの荷台のような座席に座るのが一般的のようです。

今回私はチェマイ周辺を巡りたかったので、約7時間ほど借り切りで交渉し、その流れで何となく終始助手席に座っちゃいました。助手席に座るとエアコンが効いてて涼しいけど、おそらく後ろに乗った方が広く楽しく快適なはず。

トゥクトゥク&ソンテオ

ほら、後ろだと相乗りのバスみたい。

トゥクトゥク&ソンテオ

金額に関しては、以前のブログに書きましたが、7時間ほど貸し切りにしたので1000バーツ(約3000円)払いました。多分ですが…7時間の拘束でも700バーツ(約2100円)ほどが妥当だったかなって思ったりもしています。つまり貸切る場合は1時間で100バーツ程が目安になるのかな?。う~ん、分からない。

私はこうゆう交渉は得意ではないので、的外れの可能性も大です。見当違いな価格だったらごめんなさい。まぁ~もしチェンマイを旅行する時に、このような支払い方をした人がいるって軽い感じで参考にしてもらえたらと思います。

ちなみにトゥクトゥクの方が気軽に乗れて安いですよ。

トゥクトゥク&ソンテオ

トゥクトゥクも金額はまちまちでのようです。私の場合は空港から旧市街まで2回利用しましたが、「いくら?」って聞くと、2回とも150バーツ(450円)と返事が帰ってきました。これは特に交渉はせず、そのまま金額を支払ったものです。

『地球の歩き方』を見てみる空港から旧市街まではと80~100バーツと書かれているので、私は少し高く払ったようです。とは言っても日本円で300円が450円だし、気持ち良く乗れたので、私としてはOKだと思ってます。

ちなみに、最後の最後に空港に戻る時は財布に残100バーツしかなく、「100バーツしか持ってない、ゴメン!空港までお願いできる?」と言うと、これまたOKでした。トゥクトゥクは「いくら?」と聞くより「100バーツで宜しく!」みたいな感じが一番良いのかも(笑)

トゥクトゥク&ソンテオ

そう言えば、16年前にチェンマイに来た時は、「乗らないか?」って呼び込が多かった気がするが、今回は全然でした。それにボッタクリって感じなのも少なく、何となくタイって経済力が上がったんだぁ~って感じました。実際には経済がどうこうって詳しく知りません。でも、昔に比べて治安はかなり良くなった気がします。タイ北部の玄関口にあたるチェンマイ。けっこう良い街ですよ!