【和歌山市】本家アロチ丸高は和歌山ラーメン元祖の味!旨いぞ~

●記事が参考になった時は「シェア」してね♪

 本家 アロチ 丸高(和歌山市内)

昨年頃から所用があり毎月のように和歌山に行っています。和歌山市内に住んでいた時期もあり、過去には勝手にはブログでランキングなど作ったりもした。

ここ最近、和歌山に足を運ぶ機会が多く「行ったら食べよう中華そば」を自身の合言葉に、けっこうなペースで食べています。30店舗ほど食べた頃に再び「和歌山ラーメン勝手にランキング(改良版)」を作りたいと思っている。

本家 アロチ 丸高

そんなん要らん!なんて言われそうですが、まぁ~単なる自己満足でもあり、食べ歩く楽しみの一つになるのです(笑)

さて、和歌山ラーメン(地元では中華そばと呼ぶ)を語る上で、絶対に外せない店が数店舗あるのですが、そのうちの一つがココ!本家アロチ丸高です。

本家 アロチ 丸高

和歌山ラーメンの歴史は戦前に遡り、戦後も市内を走っていた路面電車の拠点だった堀止の車庫周辺多くの屋台が出ていたそうな(昭和46年頃まで)。そのルーツを引き継ぐ店が「車庫前系」と呼ばれているんだとか。

そんな屋台の味の元祖として知られるのが、この本家アロチ丸高丸宮と言う店なのだ。

テーブルの上を見ると…

本家 アロチ 丸高

ほら、お寿司があるでしょ!これは和歌山の中華そばでは定番の「早寿司」です。食べたらお会計の時に自己申告するのだ。1個100円

本家 アロチ 丸高

簡単に言えば鯖寿司で、これが中華そばとの相性抜群!!

本家 アロチ 丸高

壁に案内がありました。

本家 アロチ 丸高

さてさて、1998年に放送されたTVチャンピオン「日本一うまいラーメン決定戦」井出商店が優勝し、和歌山ラーメンが全国的に有名になったのは有名な話。現在も週末には井出商店は行列が出来ています。

ただ、井出商店に関して言えば、「地元民は食べない」「観光客ばっか」と言った批判も多いが、私はそう思わない。井出商店の味はクセがあるけど実に美味しいと思っている。

なぜ、ここで井出商店の話をするかと言えば…、和歌山ラーメを全国的に有名にしたのは確かに井出商店。でも井出の味は豚骨ベースで和歌山の中華そば元祖の味ではない。

和歌山の歴史をたどり「車庫前系」と呼ばれる元祖の味は、醤油ベース。それが、この本家アロチ丸高の味なのです。

本家 アロチ 丸高

本家アロチ丸高の中華そば。やっぱね、風格が違う!!

本家 アロチ 丸高

箸を入れた瞬間、スープの色が少し変わる。醤油の旨味をこの時点で感じるほど…。

本家 アロチ 丸高

和歌山と言えば湯浅醤油が有名で、やっぱ元祖の味はずっと昔から地元産の味をしっかり引き継いでいるんでしょうね。では、いただきます!

おっ~!!食べると間違いなく豚骨醤油。でもね、醤油のコクと言うか旨みがダイレクトにやって来る。ここまで来たら醤油ラーメンじゃないの?と言いたくなるが、まろやかな豚骨の風味がしっかりついてくる。かぁ~うまい!!

本家 アロチ 丸高

さすが王道!ずいぶん昔、この店で食べた時は薄味に感じた事があったのですが、けっこう味は濃かったです。辛いとかではなく、醤油の味がしっかりしている感じ。でも後味は悪くない。飲んだ後の〆の一杯にも最適です。

これは余談ですが…この店の前にローソンがあり、そこの駐車場は60分無料で使えます。看板に「どなたも入庫後60分無料」と書かれてて、これはメッチャ便利ですよ。

グルメ評価

本家 アロチ 丸高

場所:和歌山県和歌山市友田町2-50
電話:073-432-3313
営業:17:30~翌3:00
定休:日曜