【情報】Uber Eats初回利用にお得!
Uber Eats1,000円割引(2019年12月31日まで有効)
プロモーションコード:ins6jt1h
   

飲食店の売上アップのコツ!お金をかけずにネット情報を充実させる

●記事が参考になった時は「シェア」してね♪

飲食店の売上げを上げるヒント

この前食べに行った個人でやってるトンカツ屋さんでの話…

大阪市内のビジネス街から少し離れた静かな場所で小さなトンカツ屋。低価格で食べられるランチが売りと言うが、13時過ぎには他の客は誰もいなかった。

近くに「やよい軒」と「宮本むなし」が出来て、サラリーマンの多くがそっちに流れてしまったようだ。

店主さんは「商売って難しいね」と苦笑い。

ネット情報でスタートラインに立つ

近隣にら強豪店が出来るとお客さんの流れが大きく変わる事があります。

でも、打つ手はきっとある。

この店は「ホームページ」はなく「食べログ」を見ても口コミが殆どない「グーグルマップ」はお店の登録が見つからない。

ネット情報が乏し過ぎる。それじゃ~厳しい。まずはネットで最低限の情報が出るようにしましょう。これではスタートラインにも立てていない。

このような店って、けっこう多いんですよ。

ネット情報は無料で活用できるモノも多い。

活用しないのは勿体ない…。



グーグルマップは利用すべし

ネットは苦手かもしれないけど、やっぱり今の時代はネットの集客力はバカにならないです。逆にチェーン店よりも個人店の方が情報を出せばチャンスが多い気も。

まず!絶対にやっておくべきは「グーグルマップ」の登録。

グーグルマップ

グーグルマップ

このグーグルマップには、星の評価もあり、点数もある。また利用客からの口コミ写真も掲載されています。

この画像の続きを見たい方は「こちら(グーグルマップ)」でどうぞ。

グーグルマップに店を登録する方法

グーグルマップにお店を登録するには「Googleマイビジネス」を使います。

まずはGoogleのアカウントを取得して「Googleマイビジネス」で編集して行きますが、その中にある「オーナー確認」までしておく事をおすすめします。

食べログは無料掲載でOK

ハッキリ言いますと…

私の個人的な意見ですが「食べログ」よりも、グーグルマップの方が情報が役立つと感じています。消費者の評価も口コミも。それにグーグルマップの方が調べやすい。

とは言っても「食べログ」は飲食店情報としては利用価値が高い。

資金的に余裕があるなら別ですが、無料掲載だけで十分かと。もし「食べログ」に広告費を支払うなら、公式ホームページなどに使った方が賢明のようにも感じます。

エキテンも登録しておく

私は「食べログ」は広告費を払わずに活用するのが良い。そして「グーグルマップ」も無料で情報が載せれませね。もう一つ「エキテン」と言うのがります。

あまり知られていませんが、これも無料でお店情報を載せる事が出来るので、絶対に活用しておく方が良いでしょう。口コミ情報が多く入るみたいですね。

低コストで公式サイトをつくる

やっぱりお店のホームページはある方が望ましい。公式サイトは、出来ればプロに作ってもらうのが一番ですが、最近では低価格で本格的なサイトが作れます。

その中でも特に人気な「グーペ」は、金額も月々1,000円から。

ホームページは無料で作れるのもあります。ただ無料版は他社の広告が入ってしまう場合があるので、公式サイトで利用するなら有料版がおすすめです。

最後に…

今回はお店の集客をアップさせる為に、最低限の準備(基本情報)として「Googleマップ」「食べログ」「エキテン」「公式サイト」を紹介しました。

公式サイトは別として、「Googleマップ」「食べログ」「エキテン」は消費者が情報を書き込んで行くので、常に良い情報ばかりでなく、時には酷評が入り、クレーム染みた内容になる場合もあるかもしれません。

全てが「エクセレント」なんて評価はあり得ない。マイナスがあれば必ずプラスもある。指摘された点があれば、それを直視し、改善して行けば、絶対により良い店になるはず。そのような過程も大事なのではないでしょうか。

以上のような基本情報があると、SNSなども連動しやすいです。これらは全てのキッカケ、入り口。ネット上に情報が出るようにしておいた方が良いです。

公式ホームページを作るなら… 先日、ある取材先で「ホームページ作成」の話題になりました。 そ...